もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 (タグ: アーロン の検索結果)

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 仲間を思いやる気持ちと”王の器”

   ▲  2011/03/17 (木)  ONE PIECE
ONE PIECE 第617話 ”サンゴヶ丘で大事件”より

onep617-06.jpg
世界の甲板から Vol.5「シモツキ村 くいなに報告」

くいなのお墓の前に供えられた”麦わらの一味復活”の新聞と、笑顔でたたずむコウシロウ。
遠い海を見つめているかのような眼差し、ゾロの復活を心から喜んでいますね。
「天国までおれの名前が届くように世界一強い大剣豪になるからさ!!!」
少年時代のゾロが誓った言葉が現実になるその日まで、
遠く離れたシモツキ村で思いをはせるコウシロウに胸が熱くなるばかりです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep617-07.jpg
『ホーディにアーロンを重ねるナミ・・・』

「アーロン一味の野心…!おれ達はその意志を再興する”新魚人海賊団”だ!!!」
世界を支配しようと目論んでいたアーロンの右腕になれるよう、
兵士として力をつけてきたホーディ。
そんなホーディに対し、ハモンドの時とは違いショックを隠しきれないナミ・・・
姿を消してしまったナミですが、ホーディを止めるため何か行動にでたのだと思います。


onep617-08.jpg
『水滴を矢のように飛ばし攻撃するホーディ』

「コイツ!!!実力もアーロンなんかの比じゃねぇ」
竜宮城の壁を握力だけで壊し、水滴を矢のように飛ばすホーディに戸惑うウソップ。
アーロンも同じような攻撃をサンジにしていましたが、ホーディはさらに力がある感じ。
しかもまだ薬物なしの状態...新魚人海賊団船長の実力は伊達じゃなかった。


onep617-09.jpg
『仲間を盾に!!』

「部下の盾になる王がどこにいる!!!」
仲間を盾にしてゾロの斬撃から身を守るホーディ・・・
実力はけっこうあるかもと思っていましたが前言撤回、最悪なヤローだということが判明しました!
お前さんが憧れているアーロンでさえそんな外道なことはしなかった!!


onep617-01.jpg

「てめェ よくもおれの同胞を盾に!!!」
ルフィが盾に使った魚人を攻撃してしまったアーロンさんはしっかり部下を労っていました。
力はアーロン以上であったとしても、”仲間を思いやる気持ち”がない時点で小物確定です。
_ _ _ _ _ _ _ _ _

onep617-02.jpg

「お前は仲間を何だと思ってるんだァ!!!」

ルフィの言葉を借りますが、まさにこれですよ。
精鋭軍を自らの体で守るネプチューンに
「お前は王の器じゃねェんだよ!!!」と言ったホーディですが、これは大間違い。

王とは人の上に立つ立場にあり、国民との信頼関係が絶対に必要不可欠。
危険な状況下であっても、王自らが民を思いやる気持ち・行動を示さなければ信頼関係がなくなり、
忠誠心も生まれません。それは海賊団の船長にも言えることではないでしょうか。

ホーディの考えは将棋やチェスにおける「王が取られたら終わり」だろというものだと思いますが、
動かしているのは駒ではなく人。人を動かしている時点でゲームじゃないんだぜホーディ!!



onep617-03.jpg

「敵うハズもねェ様な敵の大軍を前にしてもロジャーは逃げずに立ち止まる
”逃げない”んではない・・・目の前の敵達が仲間を追わん様に”敵を逃がさない”」


海賊王ゴール・D・ロジャーでさえも仲間達が危険にさらされないように、
一人その身を省みず敵を逃がさないように戦っていた。
これこそが本当の”王の器”じゃないかと思います。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep617-10.jpg
『ゾロ△』

「人質を全員無事に返すって約束をおれ達は守れなかった!!」
律儀すぎるゾロといい、海中でホーディを睨むゾロといい、
今回はゾロの格好良さが光り輝いていました!

そしてウソップ、ブルックを逃がすため一人ホーディとの海中戦に臨むゾロ。
上記でも語りましたが、この仲間を思いやる気持ちが大切なんですよね。
海中戦ということで不利な状況下ですが、
ミホークの元で修行を積んだゾロにはハンデにさえならないかも!?
次回あたりホーディが瞬殺されているんじゃないかと思うばかりです!ノシ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 ロビンが話す”空白の100年”の大切な鍵とは何なのか
「ONE PIECE」 マーメイドプリンセスを連れ出した小さな王子様
「ONE PIECE」 バンダー・デッケン、ジョーンズの目的とメリット
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ワンピース 週間少年ジャンプ ゾロ ホーディ・ジョーンズ アーロン 王の器 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-224.html

Comment (5) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 魚人島を巡る”過去”と”これから”

   ▲  2010/12/14 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第607話 ”海底1万m”より

onep607-01.jpg

魚人島到着ゥー!!いやっほううううう!!!(ガタッ
到着まで長引くかと思われましたが何とか辿り着くことができました。
と、スルメの上で泳いでいる海王類は以前カームベルトで出会った奴じゃないか!懐かしい。
昔より大きな姿に”北極の怪物”のスルメも一口で食べれてしまいそうです・・・


onep607-09.jpg

それにしても魚人島到着への立役者、土石流直撃の危機を救ったウソップが勇ましかった。
「必殺!!緑星!!"サルガッソ"!!!」
シャボンディ諸島で使った「デビル」を含め、新兵器ポップグリーンは種類が多そうです。
戦闘のバリエーションがかなり増えていると思うので、ウソップの対人戦も楽しみ。
あとウソップの勇姿を嬉しがるゾロが印象的でした。
”東の海”から一緒に航海しているゾロにとって、ウソップの成長は素直に嬉しかったんだろうなぁ。
鼻水たらしちゃってるけど、今後のウソップには期待大ですね!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


「お前たち…"麦わらの一味"だな・・・よく知ってるとも・・・
かつて"アーロン一味"の野望を打ち砕いた海賊達・・・それで済めば答えは簡単だったが、
よりによって2年前、元アーロン一味幹部ハチさんを庇い・・・
あの憎き天竜人をブチのめしたとも聞いている・・・
まるで我々の敬愛する魚人島の英雄"フィッシャー・タイガー"のように・・・」



onep607-02.jpg

「なぁ教えてくれよ。お前達は敵なのか味方なのか・・・
我々"新魚人海賊団"の傘下に下るか拒否するか!!」


新魚人海賊団 戦闘員 ”ハモンド”(ハモの魚人)登場!!
これまた悪そうな新キャラの魚人が出てきました。
元アーロン一味幹部ハチさんと言っているので、はっちゃんより立場は下のよう。
よく見ると首には「アーロン一味」のマークが、
腹には「タイヨウの中に首がはねられている人間。その上に×印」のマークがあります。
腹のマークは見た感じ”人殺し禁止”にも捉えられますが、その真意が気になるところ...
ハモンドは元アーロン海賊団で現新魚人海賊団といったところでしょうか。

また、ジンベエのことが話に出ていない点も引っかかります。
ルフィに対する口調から、おそらく新魚人海賊団の船長はジンベエではないのでしょう。
ジンベエに関しては元七部会の一人であり、一度政府側についていたので
もしかしたら新魚人海賊団から敵視されているのかも!?
魚人島でジンベエとの再会が待たれるばかり。
_ _ _ _ _ _ _ _ _

onep607-03.jpg
 アーロンのマークを見てのナミの反応。

せ、切なすぎるだろぉ...
”刺青は消したけれど嫌な記憶は残ったまま・・・”
いやでも過去の記憶が蘇えってしまうマークに久々にキレちまったよ・・・屋上へ行こうぜ・・・
はっちゃんについては許していたけど、
マークを見ると心の深い傷が痛むナミさんに読者も胸が痛い!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _


魚人 (島)の歴史に関係する偉大な人物が2人います。


onep607-07.jpg

「”大海賊時代”が始まってまもなく・・・魚人島は荒れた・・!!」
大海賊時代が始まってからは魚人と人魚達が攫われては売られ、
海賊と海軍の抑えきれない波に絶望していた魚人島。
その窮地を救ったのが”白ひげ”であり、魚人島を野蛮な海賊達から守り抜いてきた偉大な存在。

もう一人は...


onep607-06.jpg


聖地マリージョアから奴隷となっていた魚人達を解放へと導いた英雄”フィッシャー・タイガー
天竜人に逆らってはいけない鉄則をやぶり、後に”タイヨウの海賊団”を結成した人物です。
この2人の力により、暗く絶望の淵に立たされていた魚人達も光を見出しました。
一方で、”人間達に支配された”という事実はやがて復讐心に変わり、
新たなる悪も作ってしまった、と。


onep607-04.jpg

支配は支配を呼び・・・負の連鎖へ
ココヤシ村を支配したアーロンも、かつては天竜人から支配を受けていた・・・
この描写だけ見ると、めちゃくちゃアーロンが憎く感じますが
諸悪の根源は人間自身によるものだったと知ると見方も変わってきますね。
ナミは魚人島でこの負の連鎖とどのように向き合い、解決していくのか。
魚人島編一番の見所となりそうです!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

来週は合併号、今年もワンピースが読めるのはあと1回。
なので来週は...

onep607-10.jpg

「人魚達をエロい目で見て年を越したい」 (最低か!!!)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 一難去ってまた一難。一筋縄ではいかない魚人島への道のり
「ONE PIECE」 さすが”麦わらの一味”だ、巨大ダコ相手でもなんともないぜ!
「ONE PIECE」 愛くるしいアイツが約10年ぶりに再登場!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 魚人島 ハモンド アーロン フィッシャー・タイガー 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-206.html

Comment (5) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。