もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 (タグ: コアラ の検索結果)

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 英雄フィッシャー・タイガーを襲った悲劇・・・”血”を拒む心の鬼

   ▲  2011/05/09 (月)  ONE PIECE
ONE PIECE 第623話 ”海賊フィッシャー・タイガー”より

onep623-001.jpg
世界の甲板から Vol.9「シロップ村-医学生カヤ」

医学の勉強に励むカヤと、求婚を迫る男達を追い払うメリー。
ふ、ふつくしい!!!久しぶりのカヤ登場に一人で歓喜!!
しっかり勉強していると見せかけて、医学書の山に挟んである「麦わらの一味 完全復活」の新聞!
新聞を折りたたんでいるけど、しっかりそげキングが真ん中にいていつでも見れる状態に・・・

チクショー!!!ウソップが羨ましすぎるぜコンチクショイ!!!
あと、カヤの胸が一回り大きくなったと感じてしまったオレはバスターコールの刑を受けるべき!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

それでは本編へ。

onep623-02.jpg

あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!

「先々週まで髪がボサボサな男の子だと思っていたら、
いつのまにかワンピースを着た可愛い女の子になっていた」


な・・・何を言ってるのかわからねーと思うがおれも何が起こったのかわからなかった・・・
合併号明けだとかG・Wボケだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


とまあ、気がついたら可愛い美少女になっていたコアラですが、
タイヨウの海賊団に対し始めに抱いた感情は「恐怖」でした。
ジンベエが「何をそんなに脅える・・・・」と聞くと、作り笑顔でこう答えます...


onep623-03.jpg

「だって何も知らないから・・・」

他人を知らぬが故に恐れる・・・
それはオトヒメ王妃の訴えでもありました。

タイヨウの海賊団に対し恐怖心を持っていたコアラ。
そんなコアラに対し、タイガー、ジンベエ、ハチをはじめとする魚人達は暖かく向かい入れます。
楽しい日々を過ごす中、次第にコアラの顔から作り笑顔が消え、心からの笑みが生まれ始めました。
そして訪れた別れのとき...


onep623-04.jpg

いい人達と過ごした時間、送り届けてくれた恩に涙を流しながら感謝するコアラと、
コアラが家族と会えたことにホッとしながら立ち去るフィシャー・タイガーに
胸が熱くならざるを得ません!しかし、別れを惜しむ間もなく、思わぬ悲劇がタイガーを襲います。

「罪名は二つある。よくわかっている筈だ...”襲撃”と・・・”逃亡”・・・」
子供を奴隷から解放し、故郷に送り届けた恩人に向けられたのは銃口・・・
一度根付いた魚人への偏見は消えることなく、凶器となりタイガーとその一味を襲いました・・・
この一件によりタイガーは命を落とすことになってしまうわけですが、
ここで思い出したいのがハモンドのこの言葉。


onep623-08.jpg

「種族構わず奴隷解放に命を張った男が・・・後の流血戦の末、
血液さえあれば確実に生きらえた命を・・・いとも簡単に落とした!!
心なき人間達に供血を拒まれ・・・死んだ!!!」


ハモンドの話では人間達が供血を拒んだと言っていますが、
実際に輸血を拒んだのは瀕死のフィッシャー・タイガー自身でした・・・


onep623-05.jpg

「おれは人間に屈しないっ!!!」
海軍船にストックされていた”人間の血”を輸血されることを拒むタイガー。
頭ではわかっていても魚人を、
自分自身を蔑み続けた人間の血を入れるなと心の鬼が邪魔をする・・・
心に鬼が住まう理由、瀕死の中タイガーは衝撃の事実を皆に告げます...


onep623-06.jpg

「おれは!!!奴隷だった!!!」
明かされた事実に驚愕する一味達。
王に旅の報告をするタイガーの言葉に涙したオトヒメ王妃は、
奴隷として生きてきた心の声を聴きとり、涙を流していたんですね....(泣)

「お前らは島に何も伝えるな!!おれ達に起きた悲劇を!!」
島を変えるため、復讐が復讐を呼ぶ”負の連鎖”を断ち切るため、
タイガーは”次の世代”にこの”悲劇”と”怒り”を伝えるなと最後の命令をします。
しかし、このことを知らないホーディ、ハモンド達には捻じ曲がった悲劇と怒りが伝わり、
今なお残ってしまっています・・・
この魚人島編で人間と魚人は和解し、新たなる未来へと歩み始めることができるのか・・・
それでも、”麦わらの一味”なら”麦わらの一味”ならきっと何とかしてくれる!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep623-07.jpg

「まァしかしお前ェ・・・わっしと来て貰うよォ・・・」
アーロンに詰め寄る黄猿の真意とは!?
まだ残っている大きな事といえば、オトヒメ王妃暗殺、ジンベエの七部会加入あたりですが、
次回はどちらかの事件が動きだす?起こってしまう?
今週の話が濃かっただけに来週もワクテカがとまらないってばよ!!ノシ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 仲間を思いやる気持ちと”王の器”
「ONE PIECE」 ロビンが話す”空白の100年”の大切な鍵とは何なのか
「ONE PIECE」 マーメイドプリンセスを連れ出した小さな王子様
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2011-05-02)

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ワンピース 週間少年ジャンプ フィッシャー・タイガー コアラ カヤ 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-231.html

Comment (3) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。