もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 (タグ: ロー の検索結果)

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 ”最悪”が悪を打ち砕く!

   ▲  2014/09/09 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第759話 ”秘策”より

onep-759-06.jpg

onep-759-02.jpg

「弱ェ奴は死に方も選べねェ!!!」

たしぎに言い放ったローの名言、それがドフラミンゴの教えから来ていたとな!
いやでもローがドフラミンゴの台詞をそのまま言ってたとは考えにくいので、
実際はコラさんから教えられた言葉だったんじゃないのかなと。
ドフラミンゴがかぎ括弧で括ってるのも自分の言葉じゃないからだと思うんですよね。


onep-759-05.jpg

んで、死に方を選べず操られるベラミーを見ているのが辛かった今週話。
尊敬していたドフラミンゴに最後の望みを求め、ルフィ達より先に王宮に訪れていたベラミー
だったわけですが、その願いも虚しく身も心もズタボロ状態...
そんな中ルフィに言われた「友達だ!」はベラミーにとって救いの手になりそうで良かった。
「もうお前を笑わない」とルフィを海賊として認めていたベラミーもまた、
ルフィに認められていた存在であったと...まだ倒れる時じゃない、頑張れベラミー!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

13年前の事件

onep-759-03.jpg

「あの事件がなかったら お前は3代目の”コラソン”としてここにいたさ!!」

3代目”コラソン”...だと...!?
ドンキホーテ・ファミリー最高幹部の名前はスートに由来していましたが呼称だったのね。
というよりドフィの弟でローが慕っていたコラさんは2代目だった事に驚きました。
13年前の事件を「絶望」と語るドフラミンゴ...一体コラさんとの間で何があったのか?
遂げられなかった本懐を含め、事件の真相を早く知りたいところです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

最悪の世代の反撃!

onep-759-07.jpg

”火拳銃”炸裂!!!

秘策が見事成功!強烈な一打をドフラミンゴに浴びせたルフィ。
ローの「熱くなるなとも言ったぞ!?」からのシャンブルズ、火拳銃への流れに痺れたで候!
いやはや、最悪の世代の共闘に読んでて胸が熱くなりました。
で、ルフィの一撃を見て思い出しちゃうのがクロコダイル戦。


onep-759-08.jpg

腹部に一撃を喰らい血を吐くドフラミンゴは、
水ルフィのバズーカを食らったクロコダイルを彷彿とさせますね。
でもって頭をよぎるのは、次回ルフィ達は一転ピンチになるんじゃないかという事。
水ルフィの快進撃も1話で終了してしまったことがあるだけに、
ドフィのブチギレ本気モード突入で一気に窮地に追い込まれる気がしてなりません。

遂にドフラミンゴの本気が見られるのか!?オラワクワクしてきたぞ!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 神の一撃と”見聞色”の覇気の目覚め
「ONE PIECE」 勝利の”切り札”と藤虎の思惑
「ONE PIECE」 約束の地で待っていたのは・・・
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 75 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2014-09-04)

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ワンピース 週間少年ジャンプ ドレスローザ ルフィ ロー ドフラミンゴ  

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-269.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 『全てを壊したい!』、白い町から来た少年

   ▲  2014/07/08 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第752話 ”掌”より

onep-752-01.jpg

短期集中表紙連載二十一弾
ジンベエの海峡一人旅 VOL.2 「迷子の子海ネコ」


前回から始まった扉絵連載シリーズ、主役はやはりジンベエ親分でした。
樽だと思っていた影がリュックだったということは、
カリブーをG-5に放置した後に仲間の元へ一人向かっている途中であるとみて良さそうです。
そんな中、ジンベエが出会ったのが迷子の子海ネコ...


onep-752-02.jpg
『18巻157話』

海ネコは2年前アラバスタ王国へ上陸する前に”麦わらの一味”の前に登場しています。
出会った時は食べる気満々のルフィ達に、
ビビが海ネコは神聖な生き物であると説明していました。
また、海ネコはアラバスタ王国があるサンディ島沿岸を縄張りとしているとあります。

ルフィ達が出会った海ネコの子供かは分かりませんが、
なんで新世界の海まで迷い込んでしまったのか!?
サメのお巡りさん!じゃなかった、ジンベエ親分!バシッと解決したげてください!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

現れた男の正体は・・・

onep-752-05.jpg

ロー「やっぱり”分身”のほうか・・・!!”糸人形”だ!!」

で、ですよねー!!(大汗)
前回の感想で「ピアスがないからコラソンなのでは?」と予想を立てたものの見事にハズレ!
1ページ目のドフラミンゴ(人形)の耳には前回なかったピアスがしっかり付いてて、
尾田っちコンニャローと思いましたが致し方無し...

あれだけ大きな裏切りをした元部下のローを「助けに来たのさ!!」と言い、
なぜルフィを選んだのかと問い詰めるドフィ。
ローが裏切った時はヴェルゴに殺せと言ったものの、
自分の右腕になったであろう男にまだ未練があったりするんでしょうか?

いや、それにしてもドフラミンゴが操る分身(以下ドフィ人形)はやっかいですね。
人形なのにルフィのパンチを軽々はたき落とし、弾糸で遠距離攻撃もできる優れ物!
最後はアブジェットに瞬殺されてたドフィ人形ですが、
もしこれが量産できたとしたらエライことになりますね・・・恐ろしや・・・
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

激化する戦い

onep-752-07.jpg

激化する”麦わらの一味”軍団VSドンキホーテ・ファミリー&海軍の戦い。
サボと藤虎に至っては街が炎に包まれる中戦っており、その激しさが強調されてましたね。
そんな激しい戦いの中でもニヤリと笑うゾロが印象的でした。
最高幹部のピーカとの戦いだというのに二刀流で戦っているあたり、
余裕があるのか足止めをしてる為なのかどっちなんだろう!?
でもまあ久しぶりの大物に心から楽しんでいるように見えるのは確かですね。ゾロ△!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

白い町

onep-752-04.jpg

「おれは”白い町”で育った・・・もう長くは生きられねェ…!!!」

王宮にいるドフラミンゴが思い返すはトラファルガー・ローとの出会い。
幼きローは「目に入れるものを全部壊したい…!町も…!家も…!人間も!!」と話し、
最後に”白い町”で育ったとドフィに告げます。
そんなローに”!!?”と驚くドフラミンゴ。あのドフィでさえ驚く”白い町”とは一体何なのか・・・


onep-752-03.jpg

ローは”北の海”出身であるので、おそらく”白い町”は北の海にあると言えそうです。
で、気になるのが子供のローが「長くは生きられねェ」と発言している点。
長く生きられない理由は病というより、争いが起こった”白い町”で使われた科学兵器などによるものではないかと思っちゃうんですよね。
「全てを壊したい」という発言や、武器製造工場?をアジトにしていたドフラミンゴの元を訪れた
ローの行動をみるに”白い町”は争いが絶えない土地だった可能性が高いんじゃないかなと。

長く生きられないと言っていたローは後にコラソンによって命を救われるわけですが、
そのコラソンがどのようにしてローを救ったのか、またどんな人物なのか無茶苦茶気になる!
でも来週は休載...次回こそはコラソンの登場に期待したいです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

とにもかくにも、今週話のキモは空に浮かぶレベッカ!

onep-752-06.jpg

防具が風でひらりと少しだけめくれ上がるという憎すぎるチラリズム!!
少年から大人まで拝みたいと夢見る”輝く秘宝”(パンツ)が見えない...
だがしかし、P.O.Pでレベッカのフィギュアが出るとな!?
「人の夢は終らねェ!!!」
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 突如現れた人物はドフラミンゴなのか!?
「ONE PIECE」 兄として...譲れぬ想いがここにある!
「ONE PIECE」 忘れられ、傷つきあっても紡いできた”親子の絆”
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again 剣闘士 レベッカ
メガハウス (2014-08-31)
売り上げランキング: 2,253

この記事に含まれるタグ : ワンピース 週間少年ジャンプ ドレスローザ ロー レベッカ アブジェット 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-259.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 ローの恩人と『”D”の意志』との繋がり

   ▲  2014/06/03 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第749話 ”すすめ!!曲者軍団”より

ONEPIECE749_00.jpg

ダダンの夢の中には幼き3兄弟の笑顔と絆。
鼻ちょうちんを膨らませながら寝ているおばちゃんの絵だというのに・・・
駄目だ、ダダンの涙を見ると目から汗が止まらん!!
やっぱりダダンは最高の母ちゃんだ!!


ONEPIECE749_c6001.jpg
『届けこの想い』

「あの野郎の今の気持ちを想うと・・・胸が張り裂けそうだ!!」
「ルゥフィ~~~!!!お前ェ!!!負けんじゃねェぞォ~~~!!!」


エースを亡くしたルフィが生きていると分かり、
精一杯の大声で励ましの言葉を叫んでいたダダン。
その後、新聞でルフィの活躍を知ったダダンは、
スクラップを作成していたりと、いつだって我が子を思っていました。
そんなダダンが、ドレスローザでルフィがサボと出会った知ったら大喜びでしょう...
エース亡き今ですが、彼の意志はサボがしっかり受け継いでますよお母ちゃん!!

読者リクエスト扉絵を見ていると、ホント発案した人グッジョブと言わざるを得ませんね。
読み聞かせをするロビン、テニスウェア姿のビビ、微笑ましいミホークとペローナの姿など、
その発想力をオラに分けてください!!(切実)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

アブドーラとジェット

ONEPIECE749_01.jpg

「そうだァ!!行け行け牛~~~っ!!!」

   
   
   


ONEPIECE749_02.jpg


違和感に気づき振り向くルフィ、静まるアブドーラとジェット、無言のゾロ...
何気ない一コマですがシュールすぎて腹筋が痛い(笑)
ピーカの腕部分だった岩が落ちてきた時は、振り落とされまいと
ウーシーの角に必死に捕まっていたアブドーラとジェットでしたが、
気づけばルフィの後ろをしっかりとキープ。
ルフィにツッコまれながらも、礼儀正しく自己紹介する姿に笑ってしまいました。
コロシアムに出場してた頃の残虐・卑怯なイメージはどこへやら(爆)

フッフッフッ、これはドフラミンゴが待つ王宮まで行っちゃうパターンですね!
ベラミーに瞬殺されていたこの2人にゃまだステージが早すぎるよーと言いたくなりますが、
ここまで来てしまったってことは、結果的に何かを成し遂げるのでしょうか。
戦力にはなりませんが、尾田っちの好きなプロレスラーが由来のキャラ達ですから、
一体何をしでかすのか!?その動向に期待しましょう。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

煽っていくスタイル

ONEPIECE749_03.jpg
『さすが神の仲間達』

「ウチの船長はお前みてェな石コロに用はねェよ」
「おれで我慢しときな…!!ソプラノ野郎…」


フゥー!最高幹部のピーカさんを煽るゾロ先輩カッコよすぎるべー!!
ゾロと対決する事になったピーカさんですが、ここで気になったのが大剣を持って登場した点。
王宮で正式な姿を現した時には持っていなかったので違和感を感じましたが、
スペードの席にいるピーカの由来を探ってみたら「ああなるほどなー」と思いました。

ピーカさんの名前である”pica”はスペイン語で”スペード”の意味であり、
トランプのスペードはイタリア語で””を意味する”spada:スパーダ”に由来しています。
ピーカさんが実は剣士だったというのは上記が関係しており、
決して対ゾロ用に剣を持ってきたしたわけではなかったわけです。

あと、ピーカさんに関して引っかかったのが「なんで本体が出てきてしまったのか!?」という事。
ピーカは顔を壊される前、巨大化した左腕の上部にルフィ達が登ってきてた時に、
一度はその場所を右腕で攻撃しようとしていました。
しかし、顔を壊された後はその場所にパンチする事をしないまま核となる本体を現しました。
ピーカ自身は岩と同化できるため自身に攻撃が当たっても平気だが、
顔を壊された事で”目”を失ってしまい、追撃する事ができなかったって事なのかな!?

これはルフィナイス!!と言わざるを得ないかも。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ローの恩人”コラソン”

「13年前おれは大好きだった人をドフラミンゴに殺されたんだ・・・!!」

ONEPIECE749_04.jpg

「彼の名は”コラソン”。元ドンキホーテファミリー”最高幹部”」
「おれに命をくれた恩人で」


「ドフラミンゴの・・・!!実の弟だ!!!」

なん・・・だと・・・!?
エエー!?ローが前々から言っていたあの人(コラさん)がドフラミンゴの弟だったとは・・・
おったまげ過ぎて頭がこんがらがってしまいました!!
ドフラミンゴは父だけでなく弟も殺していたとな...
母を失った原因であろう憎い父を殺したのは理解できますが、
ドンキホーテファミリーの最高幹部、しかも弟だと言われるコラソンが殺されちゃったのは
何でなんだい尾田っち!!!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

本題に入る前に気になった点を二つだけ。

ONEPIECE749_c6401.jpg
『64巻SBSより』

まず一つ目。
弟発言に注目が集まりがちですが、ローが「命をくれた」って言ってるのも気になります。
子供の時からメスを持っていた”死の外科医”トラファルガー ・ロー。
彼が医者を目指したきっかけとなったのは、13年以上前、
幼き頃にコラソンに命を救ってもらったためだと読み取れます。

2つ目に気になるのがローがコラソンを語りながらが思い描いた人物は誰なのか?という点。
この人物がドフラミンゴじゃなくコラソンだったなら、
その事実だけで『双子説』『陰謀説』などの記事作れちゃうんじゃないかと思うので、
ローが思い描いた人物がどちらなのかは考えないでおきます。
というより考えてから記事に取り上げられる力がありません...(汗)
なので、上に挙げた説が確かでも、不確かでも根源が共通しているであろう部分を
以下に書いていこうと思います。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

”D”との繋がり

さて、ここからが本題。
今回の記事タイトルでもある『コラソンの死と”D”との繋がり』についてです。

今回判明したのはコラさん(以下コラソン)はドフラミンゴの弟だったという事実。
第747話でドフラミンゴは「幹部以上のメンバーは…長く苦楽を共にしたおれの”家族”だ」
「家族を笑うものはおれが許さん・・・!!」
と語っていました。
コラソンは最高幹部であると同時にドフラミンゴの弟だった。
ドフラミンゴにとって”最高の家族”と呼べる存在だった彼が何故殺されたのか?
そこで思い出したいのがローの発言。


ONEPIECE749_c7303.jpg

「おれはあの人の本懐を遂げる為」
「今日まで生きて来たんだよ!!」


13年前のケジメをつけるためドフラミンゴを討ち取ろうとしていたローは、
その計画をただの逆恨みだと言われた後、上記の発言をしました。
ここでいう、”あの人の本懐”コラソンが抱いていた願いや希望の事。
ローが大好きだったと語る人物が抱いていた願いとは何だったのだろう...

ドン・キホーテファミリーの最高幹部でありるコラソンが抱いていた希望は
何故ドフラミンゴの手によって砕け散ってしまったのか!?
それを紐解く鍵はやっぱり”D”なのではないかと恩うわけです。


ONEPIECE749_c7304.jpg

「”D”はまた・・・必ず嵐を呼ぶ」

ローは頂上戦争後、そしてドフラミンゴとの戦いの最中「”D”は必ず嵐を呼ぶ」
と発言していました。頂上戦後はまだしも、生死を懸けた場面でのこの発言は
ローの中で”D”が特別な存在である事を意味していると受け取れ、
厳密に言うとその特別の思いはコラソンの願いに関わっていると思うのです。

コラソンはドフラミンゴの弟であるわけですが、ドンキホーテ一族は天竜人であったため、
一夫多妻制が認められている家系のドフィ&コラソン兄弟は
”腹違いの子供”である可能性が考えられます。

これは予測でしかありませんが、2人の兄弟の母は違う人物であり、
コラソンの母は”D”の名を持つ人物だったのではないかなと。

世界政府と巨大な争いをしたであろう”D”と関係が深いと思われるコラソンが
ドフラミンゴの手によって殺されてしまったのは、
後々になって彼の抱いていた希望が自身の妨げになると気づいたためでしょう。
それは若様が海賊王を目指している?からなのか、
はたまた世界政府側との協定の為なのか...
これは今後明かされるであろうドフィ、コラソン、ローの過去に期待大ですね!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[最後に]
WJ28号、29号におけるONE PIECE休載のお知らせ(『週刊少年ジャンプ』公式サイト)
皆様もご存知の通り、尾田っちは扁桃腺切除の手術を受けるため、
ワンピースは2週間休載となります。

気になる展開の中での休載は読者にとって辛いものでありますが、
強靭になって戻ってくるとおっしゃる尾田っちの言葉を胸に、
元気な身体になるよう願いつつ74巻を読みながら復帰を待ちましょう!!ではまた!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 この海で最も恐るべき力
「ONE PIECE」 ドフラミンゴが語る家族と数奇な人生について
「ONE PIECE」 ルフィの想いと”一飯”の恩義
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 74 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2014-06-04)

この記事に含まれるタグ : ワンピース 週間少年ジャンプ ドレスローザ ドフラミンゴ ロー コラソン 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-255.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 この海で最も恐るべき力

   ▲  2014/05/27 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第748話 ”おれの恩返し”より

ONEPIECE_748_01.jpg

「何すんだ!!コイツはおれの仲間になったんだ!!」
「なってねェよ!!!」


冷静沈着なローが気がつけばすっかりツッコミキャラに(笑)
そのツッコミはルフィだけではなく、
帽子を餌にローの首を狙うキャベンディッシュにも牙を向いておりました。
ローといえば常に冷静であり、少し不気味な雰囲気を醸し出すクールなキャラという
印象が強かっただけに、今回の連発ツッコミにギャップを感じた人は多いと思います。


ONEPIECE_748_C59(2).jpg
『ベポがボケてもツッコまない』

愛くるしいおバカキャラであるベポがボケても決してツッコまないロー。
思い返してみても、ローが仲間達にツッコミを入れてる場面は見当たりません。
船長としての威厳を保つためなのか、喜怒哀楽をあまり表に出す事はありませんでした。
そんなローもルフィと同盟を結んで以降、徐々に表情豊かなキャラへと変わっていきました。


ONEPIECE_748_C70(2).jpg
『衝撃を受けた”宴”』

パンクハザードでの一件が片付き、落ち着きたいローでしたが、
ルフィ達が始めた””に言葉を無くすほど衝撃を受けます。
ロー自身は宴に参加しないでスモーカーと食事をしていましたが、
個人的にはローが変わるきっかけとなった場面だったんじゃないかなーと思います


ONEPIECE_748_C70.jpg
『初めて見せたリアクション顔』

その後、サニー号に乗船したローは朝メシを決めるときに、
さらっと「おれはパンは嫌いだ」と話し、自分自身の発言に自ら驚いていました。
この時ローは、ルフィが作り出す楽しい雰囲気に心を持って行かれていたと気づく訳ですが、
ドレスローザに着いてからは完全にルフィ独特の空気に呑まれ、ツッコミキャラに・・・
ローさんの心中をお察しします...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONEPIECE_748_02.jpg

「お前の戦いの根源メシだったのか!!」
ツッコむ事をやめないローに賞賛の声を送りたいこの場面。
ですが、個人的には下記の関連記事にルフィとレベッカとの事を書いていたので、
ルフィの戦いの根源がレベッカから貰った弁当の恩だったということが分かって嬉しかったです。
打倒ドフラミンゴの思いを真っ直ぐ語るルフィの仁義に痺れました。

<関連記事>
「ONE PIECE」 ルフィの想いと”一飯”の恩義
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

打倒ドフラミンゴに向け、いざ出陣!!

ONEPIECE_748_04.jpg

うおおおおお!!!(ガタッ)
恩返しの念と様々な思いを心に宿し、打倒ドフラミンゴに向けて動きだす戦士達!
見開き2ページで描かれる男達の進撃に読んでていて興奮がMAXに!!
王宮に突進していくルフィ達の勢いを見ていると、
頂上戦争編を読んでいた時の熱気と興奮が一気に蘇りました。
元々はコロシアムで”メラメラの実”争奪戦に参加していた者同士が、
ドフラミンゴを討つべく団結するとは...予想していたけどなんて熱い展開なんだ!!

タイトルの「おれの恩返し」とあるように、チンジャオとエリザベロー以外は呪いを解いてくれた
ウソップに恩を返す為にドフラミンゴを倒そうとしている様です。
そして、その輪の中心にいるのはやはりモンキー・D・ルフィ。
ここで思い出しちゃうのが、ミホークのあの言葉...


ONEPIECE_748_C57.jpg

”能力や技じゃない -その場にいる者達を次々に自分の見方につける”
”この海においてあの男は 最も恐るべき力を持っている・・・!!!”


今週話のルフィを見ていると、まさにこの力が発動しているなと私は感じちゃうわけです!
今回の場合はゴッド・ウソップによる恩地が大きようにも思いますが、
それでも、その場にいる者達を次々に自分の見方につけるルフィの姿に胸躍らずにはいられない!


ONEPIECE_748_C59.jpg

「この世界に戦いを挑む者が現れる・・・!!!」
「世界政府はいつか来る…その世界中を巻き込む程の”巨大な戦い”を恐れている!!」


頂上戦争時、白ひげは死に際に上記の発言をしていました。
その巨大な戦いには、海軍本部・王下七武海・四皇の三大勢力はもちろん、
世界政府に立ち向かう強大な組織”革命軍”が関与するでしょう。
今回のドレスローザでの戦いはその縮図の様な気がします。

この海で最も恐るべき力を持つルフィを筆頭とした”麦わらの一味”と
革命軍参謀総長”サボ”率いる革命軍、強者である海賊達の共闘。
黒ひげ海賊団”バージェス”、ビッグ・マムの四皇勢、
海軍本部大将”藤虎”率いる海軍の参入。
そして、今回の戦いの元凶である王下七武海”ドンキホーテ・ドフラミンゴ”...
役者が揃ったドレスローザでの戦いの行方から目が離せないッ!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 ドフラミンゴが語る家族と数奇な人生について
「ONE PIECE」 アラバスタ編とドレスローザ編の共通点について
「ONE PIECE」 新たなる策略を仕掛けたドフラミンゴの過ち
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


この記事に含まれるタグ : ワンピース 週間少年ジャンプ ドレスローザ ルフィ ロー 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-254.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。