もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 (タグ: 尾田栄一郎 の検索結果)

total 7 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 サンジのピンチに立ち塞がる血の歴史

   ▲  2011/01/06 (木)  ONE PIECE
ONE PIECE 第609話 ”魚人島の冒険”より

onep609-02.jpg
 ”そんなにハシャいで大丈夫か!?”

新年明けましておめでとうございます!
遅い挨拶となってしまいましたが、本年も「もの日々」を宜しくお願いいたします。

さて、前回サンジは夢にまで見た人魚達との遭遇に
「こんな幸せある訳ねェ・・・おれはきっと今日死ぬんだ」
とネガティブまっしぐらだったワケですが、
蓋を開けてみたらやはり人一倍ハシャいでいたでござるの巻き・・・
「おれここに住む~!!」ってまだ航海が再開したばかりじゃないか!!
サンジにとって人魚達と過ごしている時間は、現実だけど夢の中にいるような感じなんだろうなぁ。
それがまさかあんな展開になろうとは・・・
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep609-01.jpg
 「確認せい!!お前にまだ残っておるものは何じゃ!!」

「2年前エースが死んで・・・でもおれがヘシ折れずに済んだのはあいつのお陰だ」
2年後魚人島で会おうと約束したジンベエに会いたいと話すルフィ。
しかし、ケイミーによるとジンベエは魚人島にはいないらしく会えないとか。
なんでも”七武海”をやめてしまったために島に居られなくなり出て行ってしまった、と。
白ひげが去り、政府との関係さえなくなってしまった魚人島は荒れてしまい、
それを収めたのが新魚人海賊団orネプチューン軍であり、
ジンベエは責任をとって出て行ってしまったかんじでしょうか。その真意が気になるところ。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep609-07.jpg

・長男 フカボシ(フカザメの人魚)・・・真ん中
・次男 リュウボシ(リュウグウノツカイの人魚)・・・左
・三男 マンボシ(アカマンボウの人魚)・・・右


リュウグウ王国の王子にしてネプチューン家の3兄弟登場
ルフィ達を探しにやってきたネプチューン軍の3強でもある3兄弟の人魚達。
王子様と呼ばれていましたが、真ん中のフカボシ以外はあんまし王子っぽくないな・・・
国を治めているのは魚人ではなく人と友好的な人魚という点も重要になっていきそうです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そして訪れた悲劇。

onep609-06.jpg

ネプチューン軍から身を隠すサンジ。
胸の谷間に挟まれ幸せそうですが、刺激が強すぎたのか...

onep609-03.jpg

致死量の鼻血大出血!!
今までネタとしてきたサンジの鼻血。
まさかここにきて物語の重要な鍵になるとは思ってもいませんでした。

onep609-04.jpg

サンジの命はあと数十分。
献血を求めるルフィ達に対しハモンドの忠告が立ち塞がります。

「下等種族のてめェら人間に血をくれてやろうなんて物好きはこの魚人島にはいねェよ!!
そんなものを差し出せば人間を嫌う者達から闇夜の裁きを受ける!!」

「この国には古くからの法律があるのさ!"人間に血液を分かつ事を禁ず"」

「これはいわばお前ら人間の決めたルールさ!!!
長い歴史において、我らの存在を化け物と恐れ…血の混同をお前達が拒んだ!!
魚人島の英雄フィッシャー・タイガーの死も然り!!」


人間と魚人との間にある深く暗い歴史。
人間を下等種族と見下すハモンドの様はどこかアーロンに似ていますね。
闇夜の裁きは新魚人海賊団船長"ホーディ・ジョーンズ"様がするのでしょうか...
前回、新魚人海賊団のお頭は四皇のカイドウではないかと予測を立てましたが
見事に外れる結果となりました。(でも名前の由来は映画「ジョーズ」からきてそう)
フッシャー・タイガーが流血戦の末死んでしまったという事実も気になるところ。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ケイミー「ここ1ヶ月人間の人たちが全然この島にやって来なくなって
ルフィちん達は久し振りのお客さんなんだよ」


ルフィ「何でだ? ここは名スコップだろ?」

ケイミー「うん、名スポットなんだけど・・・分からない・・・
誰かが航海者の邪魔をしてるんじゃないかって・・・
何か大きな影が動いてるんじゃないかって国中の噂で・・・」


さらに意味深な発言を残すケイミー。
航海者の邪魔をする大きな影
ルフィ達が魚人島に到着するのを妨害した奴といえばゴースト船で現れたバンダー・デッケン
もしかすると新魚人海賊団と裏で繋がっているのか・・・

onep609-08.jpg

どうやらフカボシとジンベエは繋がりがあるみたいなので、
取り合えずはルフィ達の味方となってくれそうで一安心。
現段階で魚人島を含めた勢力をまとめると
ジンベエ率いる魚人海賊団+ネプチューン軍・・・人とも友好的
ジョーンズ率いる新魚人海賊団・・・人嫌い
こんな感じでしょうか。

始まりから謎だらけな魚人島編。
来週は合併号のためお休みですが、一刻も早いサンジの復活を願うばかりです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 2010年のワンピースを振り返る
「ONE PIECE」 魚人島を巡る”過去”と”これから”
「ONE PIECE」 一難去ってまた一難。一筋縄ではいかない魚人島への道のり
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 週間少年ジャンプ ワンピース 尾田栄一郎 ルフィ 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-210.html

Comment (2) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 2010年のワンピースを振り返る

   ▲  2010/12/29 (水)  ONE PIECE
2010年のワンピースを振り返る!

1282269322.jpg

マリンフォード編の完結、明かされたルフィの過去、そして新章突入へ
物語以外でも初版部数の記録を塗り替え、発行部数は2億冊突破など
その勢いは凄まじいものでした。というわけで、
今年最後のワンピ記事は過去に書いた記事とともに
2010年の出来事を振り返っていきたいと思います。

*( )内はジャンプ連載時の期間を表したものです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

マリンフォード編完結(1月~4月)

ONE PIECE 57 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)

ワンピース史上最大級の盛り上がりを見せた頂上戦争が堂々完結。
エースの救出劇、黒ひげの暴走、シャンクスの登場...
読む手が奮えるほどの興奮と驚愕の連続。
特に白ひげとエースがたどる結末には感動せずにはいられませんでした・・・

<関連記事>
「ONE PIECE」 ”愛してくれてありがとう”・・・流れる涙と堪えた涙・・・
「ONE PIECE」 長きにわたった”マリンフォード頂上戦争”ここに終戦!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

サボの登場(5月~7月)

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)

ルフィの幼少時代に登場したもう一人の兄「サボ」。
自由を求め海に出たサボは天竜人に攻撃され死んでしまった事になっていますが、
おそらく革命軍に助けられたと思うので、いつの日かくるサボの再登場が楽しみです。

<関連記事>
「ONE PIECE」 サボの登場で見えてきたエース、ルフィとの関係性!
「ONE PIECE」 サボとドラゴン。自由を求め奮起する男達!!
「ONE PIECE」 サボの手紙に記された”果たせなかった約束”と”守り抜いた約束”
「ONE PIECE」 実は生きていた!?サボがルフィとエースに会えなかったワケとは
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

世界を巡ったルフィのニュース(8月)

onep2010-02.jpg

終戦後、仲間達が驚いたルフィのニュース。
ハンコックと結婚?七部会入り?など色んな予想で盛り上がりました。
個人的には”3D2Y”を解読できたことが嬉しかったです↓(まさか当たるとは)

<関連記事>
「ONE PIECE」 ルフィから仲間達へのメッセージについて
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

明かされた覇気(8月)

onep597-09.jpg

遂にベールを脱いだ”覇気”の特色
「能力者に攻撃が通じる」「相手の行動が読める」などの謎がやっと解き明かされました。
それと覇気についてのまとめは今年一番反響が大きかった記事でした↓

<関連記事>
「ONE PIECE」 明かされた”覇気”の種類と特性について
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

1ヶ月間の休載(9月中)

onep-odachi.jpg

ワンピース好きにとっては魔の一ヶ月間だった9月。
休載期間は一ヶ月でしたが、実際に尾田っちが休んだのは1週間だけだったというのだから驚き。
この間当ブログでは考察記事や特集などを書いてました。
中でもウルージさん記事はダントツ人気!あらためて愛されキャラなのを実感しました。

<関連記事>
「ONE PIECE」 ジュエリー・ボニーは一体何者なのか
「ONE PIECE」 ポートガス・D・ルージュの由来について
「ONE PIECE」 ワンピース的”乙嫁”になりそうなキャラを選んでみた
「ONE PIECE」 ウルージさんが愛される理由について
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

舞台は2年後、ルフィの航海再開(10月~)

onep2010-01.jpg

新章突入。ルフィの航海は2年後へ
1ヶ月の休載を経て帰ってきた”麦わらの一味”に歓喜したのも記憶に新しいですね。
再開後の扉絵やタイトルを1話と同じようにしたりと、尾田っち心意気には胸を打たれました。

<関連記事>
「ONE PIECE」 新章スタート!扉絵から伝わる尾田先生の心意気
「ONE PIECE」 ”麦わらの一味”2年後における変更点と気になることまとめ
「ONE PIECE」 受け継がれる”意志”と”麦わら帽子”
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

魚人島に到着(12月~)

COLORWALK 5 SHARK ONEPIECEイラスト集 (愛蔵版コミックス)

予てから目指していた魚人島にようやく到着。
魚人島最強の剣士や人魚姫の登場はいつになるのか!?
新魚人海賊団やバンダーデッケン、ネプチューン軍は今後どのような動きを見せるのか!?
始まったばかりの魚人島編に来年も期待していきたいですね。

<関連記事>
「ONE PIECE」 魚人島を巡る”過去”と”これから”
「ONE PIECE」 新魚人海賊団のお頭について
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

以下、2010年話題となったワンピースのニュースです。

神保町がワンピースまみれ!「第0話」のアニメ上映も
「ONE PIECE」メガネをJINSが販売、ファミマ限定版も
「ONE PIECE」累計発行部数2億冊突破!ファンブックも発売
ONE PIECE&トリコの3D映画、主題歌はスカパラが担当
麦わら海賊団が銀座に! 『ワンピースレストラン』いよいよオープン!

累計発行部数2億冊突破、いろんな企業とコラボ、神保町祭り、レストランオープン
その他にも色々とありましたが、2010年は盛り上がりに盛り上がった印象でした。
現在初版部数の最高は60巻の340万部ですが、
来年はこの自己記録をどこまで伸ばすのかも気になるところです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

簡易ではありましたが、2010年のワンピースを振りかえってみました。
連載13年を経ても加速していく面白さ、加熱していく話題の数々。
いやぁ今年は本当に怒涛の一年でした。
来年の物語的には魚人島に入ったので多少落ち着くのかなと思いますが、
2月に発売される61巻の初版部数等、2011年もワンピースから目が離せない1年となりそうです。

最後になりましたが、
当ブログに足を運んでくださった皆様、
記事を取り上げてくださいますサイト様、
コメントや握手をしてくださった方、
今年1年本当にありがとうございましたm(_)m

年明けからもワンピ記事を中心に頑張っていきたいと思いますので、
来年も「もの日々」を宜しくお願いしたします。
それでは皆様よいお年を~!ノシ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2010-11-04)

この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 2010年 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-209.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 魚人島を巡る”過去”と”これから”

   ▲  2010/12/14 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第607話 ”海底1万m”より

onep607-01.jpg

魚人島到着ゥー!!いやっほううううう!!!(ガタッ
到着まで長引くかと思われましたが何とか辿り着くことができました。
と、スルメの上で泳いでいる海王類は以前カームベルトで出会った奴じゃないか!懐かしい。
昔より大きな姿に”北極の怪物”のスルメも一口で食べれてしまいそうです・・・


onep607-09.jpg

それにしても魚人島到着への立役者、土石流直撃の危機を救ったウソップが勇ましかった。
「必殺!!緑星!!"サルガッソ"!!!」
シャボンディ諸島で使った「デビル」を含め、新兵器ポップグリーンは種類が多そうです。
戦闘のバリエーションがかなり増えていると思うので、ウソップの対人戦も楽しみ。
あとウソップの勇姿を嬉しがるゾロが印象的でした。
”東の海”から一緒に航海しているゾロにとって、ウソップの成長は素直に嬉しかったんだろうなぁ。
鼻水たらしちゃってるけど、今後のウソップには期待大ですね!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


「お前たち…"麦わらの一味"だな・・・よく知ってるとも・・・
かつて"アーロン一味"の野望を打ち砕いた海賊達・・・それで済めば答えは簡単だったが、
よりによって2年前、元アーロン一味幹部ハチさんを庇い・・・
あの憎き天竜人をブチのめしたとも聞いている・・・
まるで我々の敬愛する魚人島の英雄"フィッシャー・タイガー"のように・・・」



onep607-02.jpg

「なぁ教えてくれよ。お前達は敵なのか味方なのか・・・
我々"新魚人海賊団"の傘下に下るか拒否するか!!」


新魚人海賊団 戦闘員 ”ハモンド”(ハモの魚人)登場!!
これまた悪そうな新キャラの魚人が出てきました。
元アーロン一味幹部ハチさんと言っているので、はっちゃんより立場は下のよう。
よく見ると首には「アーロン一味」のマークが、
腹には「タイヨウの中に首がはねられている人間。その上に×印」のマークがあります。
腹のマークは見た感じ”人殺し禁止”にも捉えられますが、その真意が気になるところ...
ハモンドは元アーロン海賊団で現新魚人海賊団といったところでしょうか。

また、ジンベエのことが話に出ていない点も引っかかります。
ルフィに対する口調から、おそらく新魚人海賊団の船長はジンベエではないのでしょう。
ジンベエに関しては元七部会の一人であり、一度政府側についていたので
もしかしたら新魚人海賊団から敵視されているのかも!?
魚人島でジンベエとの再会が待たれるばかり。
_ _ _ _ _ _ _ _ _

onep607-03.jpg
 アーロンのマークを見てのナミの反応。

せ、切なすぎるだろぉ...
”刺青は消したけれど嫌な記憶は残ったまま・・・”
いやでも過去の記憶が蘇えってしまうマークに久々にキレちまったよ・・・屋上へ行こうぜ・・・
はっちゃんについては許していたけど、
マークを見ると心の深い傷が痛むナミさんに読者も胸が痛い!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _


魚人 (島)の歴史に関係する偉大な人物が2人います。


onep607-07.jpg

「”大海賊時代”が始まってまもなく・・・魚人島は荒れた・・!!」
大海賊時代が始まってからは魚人と人魚達が攫われては売られ、
海賊と海軍の抑えきれない波に絶望していた魚人島。
その窮地を救ったのが”白ひげ”であり、魚人島を野蛮な海賊達から守り抜いてきた偉大な存在。

もう一人は...


onep607-06.jpg


聖地マリージョアから奴隷となっていた魚人達を解放へと導いた英雄”フィッシャー・タイガー
天竜人に逆らってはいけない鉄則をやぶり、後に”タイヨウの海賊団”を結成した人物です。
この2人の力により、暗く絶望の淵に立たされていた魚人達も光を見出しました。
一方で、”人間達に支配された”という事実はやがて復讐心に変わり、
新たなる悪も作ってしまった、と。


onep607-04.jpg

支配は支配を呼び・・・負の連鎖へ
ココヤシ村を支配したアーロンも、かつては天竜人から支配を受けていた・・・
この描写だけ見ると、めちゃくちゃアーロンが憎く感じますが
諸悪の根源は人間自身によるものだったと知ると見方も変わってきますね。
ナミは魚人島でこの負の連鎖とどのように向き合い、解決していくのか。
魚人島編一番の見所となりそうです!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

来週は合併号、今年もワンピースが読めるのはあと1回。
なので来週は...

onep607-10.jpg

「人魚達をエロい目で見て年を越したい」 (最低か!!!)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 一難去ってまた一難。一筋縄ではいかない魚人島への道のり
「ONE PIECE」 さすが”麦わらの一味”だ、巨大ダコ相手でもなんともないぜ!
「ONE PIECE」 愛くるしいアイツが約10年ぶりに再登場!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 魚人島 ハモンド アーロン フィッシャー・タイガー 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-206.html

Comment (5) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 愛くるしいアイツが約10年ぶりに再登場!

   ▲  2010/11/15 (月)  ONE PIECE
ONE PIECE 第604話 ”深層へ”より

onep604-04.jpg

元アーロン一味 戦闘員”海牛モーム”とまさかの再会!!
約10年振りでしょうか。モームが再登場するとは思ってなかったので正直驚きました!
確かに前回の最後を良く見てみると、モームが船を引っ張っています。

onep604-03.jpg
    船を引っ張るモームの影

以前ヨサクは「こりゃ”グランドライン”の生物っスよ!!!」と言っていたので、
アーロンパークでの戦いの後、何とか故郷の海に帰っていたということでしょうか。
2年前にルフィ達をココヤシ村まで案内したといい、一応元戦闘員のモームですが
いつの間にか案内係が板についてしまっています。

onep604-10.jpg  onep604-11.jpg
 (猛烈な勢いで逃げるモーム)    (2年前:そーっと逃げるモーム)

臆病で弱腰な性格は相変わらず...
ルフィとサンジを見て一目散に逃げ出すモームの愛くるしさは異常!
2年前より勢いのいい逃げ方だったのが個人的にツボでした。
モームの再登場があったので、もしかしたらアーロン一味の面々も
これから先出てくるかもしれないですね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep604-05.jpg

”うおっ!!!ロロノア・ゾロ!!”
今回気になった点がゾロに対するカリブーの反応。
一味全員ではなくゾロだけにビビっていたのが少し引っかかりますね。
ゾロはカリブーを知らないようだったので、過去に因縁があったわけではなさそう。
再会する少し前にゾロが新聞に載るような大きな事をしでかした可能性が高いと思われます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep604-06.jpg

ルフィ「昔よく遊んだよな…"エンブンノード"で」
ゾロ「俺はいつか欲しいと思っている…"炎分ソード"」
ナミ「そっちいなさい!!!」

塩分濃度から炎分ソードに切り替わってしまうゾロのボケとナミのツッコミが絶妙すぎる!
その後ルフィがゾロに「ゾロ、お前はどこまで飛ばされたんだ?」
とさらっと聞いていたところに船長らしさを感じざるを得ません。
片隅で語り合う2人の後姿がなんとも印象的なひとコマでした。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep604-07.jpg

怪物ダコ”クラーケン”との遭遇!!サニー号と比べてみてもかなり大きい海の悪魔
「いい事考えたんだおれ!あいつをてなずけよう!!!」
泡吹いちゃってるチョッパーをよそに、笑顔で話すルフィには秘策がありそうです。

onep604-08.jpg

修行時にルスカイナ島の獣達を従えたルフィなら問題なくてなずけられるでしょう。
海での戦闘はできないので、”覇王色の覇気”で威嚇するのか気になるところ。
そして次回あたりは、クラーケンに案内してもらって魚人島到着まで行きそうな予感!
ですが来週は休載なんですよね...てなわけで再来週に期待しましょう!ノシ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 受け継がれる”意志”と”麦わら帽子”
「ONE PIECE」 一味解散から2年、ルフィ達の航海再開!
「ONE PIECE」 あれから2年...成長を遂げた”麦わらの一味”の三銃士
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 モーム ルフィ ゾロ 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-200.html

Comment (4) | TB (1) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 受け継がれる”意志”と”麦わら帽子”

   ▲  2010/11/08 (月)  ONE PIECE
ONE PIECE 第603話 ”心に留めておけ”より

onep603-07.jpg

「おれはロジャー!!この出会いは運命だ!!レイリー
おれと一緒に世界をひっくり返さねェか!!?」


青年時代のゴール・D・ロジャー登場!!
顔が隠れてはいますが、麦わら帽子を被るその姿はルフィそっくりですね。
ルフィがシャンクスから受け継いだ宝物である”麦わら帽子
元々はロジャーの物だったとは...

onep603-01.jpg

以前バギーはルフィの被っていた麦わら帽子を見て
「クソ生意気なシャンクスを思い出す」と話し、ナイフで突き刺しツバまで吐いていました。
なので、仮にシャンクスがロジャーから貰った帽子だったとしたら
処刑時に泣き崩れるほど船長を慕っていたバギーが傷つけツバを吐きかけるハズがない!
そう思っていました時期が俺にもありました。

今回の話でロジャーの帽子だったことが判明したため、
バギーは元々船長の物だとは知らずに傷つけていたことに・・・
多分シャンクスより後に見習いとして海賊王のクルーになったのでしょう。
あと途中から航海に参加した双子岬のクロッカスさんも知らなそうですね。

onep603-03.jpg

「おれの大切な帽子だ」
シャンクスが麦わら帽子をルフィに手渡す時に言ったこのセリフ
その意味がハッキリしたことで言葉にさらに重みが加わりましたね。
ロジャーからシャンクスへ...そしてルフィへと受け継がれた”麦わら帽子”...
時代を担う精悍な男に託されゆく帽子にロマンを感じずにはいられません!!

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ロジャーからシャンクス、ルフィへと受け継がれたものは
もちろん”麦わら帽子”だけではありません。

”自由に生きる”という意志も受け継がれていきました...

ロジャ-「おれは”支配”に興味がねェんだよシキ!!!
やりてェようにやらねェと海賊やってる意味がねェだろう?」


第100話「伝説は始まった」のナレーションでもあるように、
海賊王であるゴールド・D・ロジャーは”自由”を信念とし、求め続けてきました。

onep603-02.jpg

考え方が違っても好きな道を行けばいい・・・
海賊とは自由であるものだとバギーに語るシャンクス。
時間をかけて世界をまわろうが、海で殺しあおうが海賊であることには違いない。
この思想はおそらくロジャーから受け継いできたものだと思います。

onep603-04.jpg

「海賊は楽しいぜェ」
「海は広いし大きいし!!いろんな島を冒険するんだ!!」

「何より自由っ!!」

その想いはシャンクスから船員達へ、
船員達からルフィへ脈々と受け継がれてきたのです。

onep601-07.jpg

「支配なんかしねェよ この海で一番自由な奴が海賊王だ!!!」

ロジャーからルフィへと受け継がれた”自由への意志”と”麦わら帽子
「この世には偶然などないのかも知れない 
全てが必然であるかの様に・・・”縁”はやおら 形をなしてゆく・・・」

レイリーのこの言葉通り、受け継がれた意志と帽子は必然だったのだ、と。
_ _ _ _ _ _ _ _

そして今回、ロジャーが語っていた「世界をひっくり返さねェえか?」という言葉...

onep603-06.jpg

「興味はねェが・・・あの宝を誰かが見つけた時・・・
世界はひっくり返るのさ ・・・!!
誰かが見つけ出す その日は必ず来る・・・」


ワンピースは実在するとともに、それを見つければ世界がひっくりかえる。
ロジャーの言葉と白ひげの宣言がほとんど同じだったのが気になりました。
ルフィの”夢”は海賊王。ならばルフィの”夢の果て”とは
ワンピースを見つけ、世界をひっくり返すことなのではないでしょうか。
そうなると、シャンクスが言っていた”船長のあの言葉”とも関連してきそうですね。
世界をひっくり返す”その方法が現段階におけるワンピース史上最大の謎だと言えそうです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 一味解散から2年、ルフィ達の航海再開!
「ONE PIECE」 あれから2年...成長を遂げた”麦わらの一味”の三銃士
「ONE PIECE」 ルフィの夢とレイリーの涙
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2010-11-04)

この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 週間少年ジャンプ ルフィ ロジャー シャンクス 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-199.html

Comment (1) | TB (1) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。