もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 (タグ: 河下水希 の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「(G)ジーまるえでぃしょん」 百合ッ娘な玉沢さんが可愛すぎる

   ▲  2011/02/20 (日)  ジャンプ関連
gmaru04-00.jpg

「(G)ジーまるえでぃしょん」4話が2月19日発売のジャンプ SQ.19号に掲載されました!
いやー、何はともあれジーまるが掲載されて一安心!!(ホッ
というのも、「(G)ジーまるえでぃしょん」は前号のSQ.19には掲載されておりませんでした。
3ヶ月に1回発刊されるSQ.19で休載...つまり半年間もお預けをくらう事態に...
河下水希先生が描く”ゆるふわコメディ”を楽しみにしていた身としては、
待ちに待ったジーまるの再開が本当に嬉しいかぎり。

さらに今回は百合展開が目白押し!
河下先生が描くオンナノコ×オンナノコな展開に胸が熱くなりっぱなしです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

gmaru04-13.jpg
『百合に興味津々な玉沢さん』

今回は前回のラストで百合モノ漫画家を目指していると告白した”玉沢さん”を
中心に物語が進んでいきます。
主人公”あると”の手と手を絡ませて「うふふペンだこ発見~」とか、完璧に確信犯です。
_ _ _ _ _ _ _ _

gmaru04-01.jpg
『玉沢さん初登場時』

「遅刻はもちろん禁止!それと遅刻ギリギリも禁止です!!」
クラス委員長でもある玉沢さんは、あるとを厳しく指導するポジションでした。
清楚でツンケンした性格は、まさに委員長にハマっています。
さらにあるとの友達からは「クール玉沢」として恐れられていたほど。


gmaru04-02.jpg

「いやデレはないでしょデレは・・・」
そんな玉沢さんに対してあるともデレだけはないと発言していましたが・・・




gmaru04-03.jpg

「私の家に来て欲しいの・・・・」

デレたー!!
以前のツンケンさは何処へやら。難攻不落とも思えた玉沢さんが遂にデレましたよ!
ツンがデレる瞬間はいつ見ても素晴らしいすぎます。

あるとの顔を直視できず、うつむきながら赤面する姿が可愛えええ!
それに加えて「私の家に来て欲しいの・・・・」ですよ。
ヤバイ。玉沢さんにニヤニヤが止まらない。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

でもって、今回もG丸が未来の道具を駆使するわけですが、前述の通り百合百合な展開に!


◆妄想プロジェクターで・・・
gmaru04-11.jpg

禁断の花園キター!!
あるとの妄想を映し出してくれた”妄想プロジェクター”。
R-18指定アイテムのため乳首には★マークで規制。乳首が見れないのは残念ですが、
河下先生が描くオンナノコ×オンナノコの過激な描写にお腹がいっぱいです。


◆ハプ☆コンで・・・
gmaru04-05.jpg

ちょっぴりえっちなハプニングを起こしてくれる未来道具”ハプ☆コン”により、
玉沢さんとあるとがぐんずほぐれつな状態に!
妄想プロジェクターといい、ホントG丸には感謝せずにはいられませんね。
いやー百合な展開って本当に素晴らしいですね。(笑顔)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

gmaru04-06.jpg
「あれ?エッチなシーンのページが全然ないよー?」

少女マンガ家を目指していたはずなのに、
気づけばエッチなシーンを期待しているあると。

着々とエロ漫画家の思考になりつつあって嬉しいかぎりです!(エッ
_ _ _ _ _ _ _ _

次回は5月19日発売予定のSQ.19に掲載予定となっていますが、
最後の煽りが「次号につづく!?」となっているため若干の不安が...
気持ちとしては是非ともSQ本誌で連載して欲しいところ!次回も期待大!ノシ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「(G)ジーまるえでぃしょん」 触手に裸エプロン、SMボンテージ!河下先生が覚醒しすぎでござるの巻き
「(G)ジーまるえでぃしょん」。ちょっぴりエッチな”ゆるふわコメディ”が面白すぎる!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : (G)ジーまるえでぃしょん 河下水希 ジャンプSQ.19 玉沢さん 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-218.html

Comment (0) | TB (1) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「(G)ジーまるえでぃしょん」 触手に裸エプロン、SMボンテージ!河下先生が覚醒しすぎでござるの巻き

   ▲  2010/08/19 (木)  ジャンプ関連
gmaru02-00.jpg

ジャンプ SQ.19創刊号で好評だった、河下水希先生の「(G)ジーまるえでぃしょん」
の続編がジャンプ SQ.19夏号に掲載されました!


河下先生のゆるふわコメディを読めるのが「(G)ジーまるえでぃしょん」なのですが、
当初の段階では読みきり作品だったために続編が掲載されて嬉しいかぎりです。
で、今回は前回のちょっぴりエッチだった内容よりさらに加熱ッ!!
その内容に河下先生が覚醒なさったと思わずにはいられませんでした。

それでは、本編に移りたいと思います...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

はじめにちょっとした前回のあらすじを...
少女マンガ家を目指す女子校生”鏑木あると”と、
100年後の未来からやって来たロボット”G丸”。
なんでも未来のあるとは少女漫画家ではなくエロ漫画家になっているらしく
規制されて読めないマンガを読むべくG丸はやってきたとか。
(過去記事:「(G)ジーまるえでぃしょん」。ちょっぴりエッチな”ゆるふわコメディ”が面白すぎる!!)

gmaru02-02.jpg

前回の最後でエロマンガの編集部に入稿した少女漫画がなんと入賞!
あるとは着実にエロマンガの道に足を踏み入れていくのです。 (本人は望んでいませんが)
そんなあるとに対し、G丸は疲れを癒す未来の漫画家愛用グッズ”モミモミいや手(しゅ)くん
を差し出すのですが...

gmaru02-03.jpg

リラックスモードじゃなくてセクシャルモードになっていたため触手が暴走!!!
あるとの体にからみつく触手達がえっちぃです。もはや、
いや手くん”ではなく”いやらしくん”となりあるとを襲います...

gmaru02-04.jpg

触手の動きが激しすぎて思わず吹き出してしまった(笑)
あるとの胸で暴れたい放題!!巨大化したうなぎのようににゅるにゅる動きます!!
しかもパンツの中まで進入するとか...まったくもってけしからん!

まさか、河下先生が触手を描かれるとは...と驚くのも束の間
ここから怒涛の河下ラッシュが始まります!!!

gmaru02-05.jpg

首輪に裸エプロンで漫画を描くあると先生(G丸の妄想)

さらに...

gmaru02-06.jpg

ボンテージ姿で過去の自分に調教を迫る未来のあると(あるとの夢)

うおぉぉぉ!!!(ガタッ
触手だけには止まらず、あるとの裸エプロンとボンテージ姿まで描かれるとは!
今までのラブコメとは違う、”ゆるふわコメディ”だからこそなせる業。
河下先生の新境地をしっかりと見させていただきました!!
個人的には裸エプロンあるとの胸のトーンが乳首に見えるあたりが胸熱でした。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _

場面はあるとの学校へ。
こっそり進入したG丸が持ってきたエロマンガにより、
あるとが入賞したことがクラスメイトにバレてしまします。
そんなピンチを救ったのが、我らが変態紳士のG丸でした...

gmaru02-08.jpg

そもそもエロの欲求がない人間なんて男でも女でもいないだろ
その純粋な欲求を掻き立て刺激して満たしてくれる・・・
それがエロマンガ
オマエらだって何度かお世話になってるハズ!
エロマンガはただ読者に喜んでほしいと思って作られた立派な娯楽作品なのだ!!


さすがG丸!そこにシビれる!あこがれるゥ!
まさしく正論。そしてG丸の熱い思いに心打たれたぜ!
そう、触手だって裸エプロンだってボンテージだって・・・
純粋な欲求を掻き立て刺激して満たしてくれる最高の贈り物なんだ・・・

こんなに嬉しいことはない・・・(アムロ風)

その後、あるとがエロマンガ賞を取っていたことに
感銘を受けた同じクラスの玉沢さん(新キャラ)。
清楚で可憐、委員長でもある彼女が御所望なジャンルとは...

gmaru02-09.jpg

次回は百合モノがクルー!?
必要以上に仲良くなってしまったあるとと玉沢さんの関係は今後どうなってしまうのか。
最後の煽りは「つづく・・・といいなぁ?」となっているため、
現段階では続きがあるのかはわかりませんが、是非とも続きを描いてもらいたいですね!
(前回の煽りといい、アンケが集まれば続きがあるということなのかな?)

そして最後に話したかったことがもう一つ...それは

gmaru02-07.jpg

河下先生の描くパンツの素晴らしさ
パンツのシワ、食い込み具合、お尻のライン、影、アングル・・・
この小さな一コマに夢とロマンがギュッと濃縮されており、
今のジャンプに足らないものがそこにありました。
河下先生 これからもいっぱい素晴らしいパンツ描いてください!!(二度目
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _

(追記)
先週のジャンプに載っていた、河下先生が描くWJヒロイン百花繚乱ポスター。
可愛らしいヒロイン達の中で個人的に一番良かったのが...

gmaru02-01.jpg

麗子さんの巨乳を見つめつつ、自分の胸と比較しているたまこ先生でした。
なんというーかその行動にグッと来たというか・・・可愛さを含めてのNO.1ですかね。
あと、つららも良かったです。そんでナミさんも。挙げ出すときりがないのでこの辺で...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「(G)ジーまるえでぃしょん」。ちょっぴりエッチな”ゆるふわコメディ”が面白すぎる!!
「アタシのアイドル」。前作で見られなかった桃の意外な一面が明らかに!?
「ボクのアイドル」。内気なドジッ娘に”きゅんっ”とならずにいられない!
あの別れから4年・・・最終話の後日談は必見!!「あねどきっ」3巻レビュー
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


この記事に含まれるタグ : ジーまるえでぃしょん 河下水希 ジャンプSQ.19 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-178.html

Comment (0) | TB (1) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

河下水希先生の読み切り「(G)ジーまるえでぃしょん」。ちょっぴりエッチな”ゆるふわコメディ”が面白すぎる!!

   ▲  2010/05/20 (木)  ジャンプ関連
gmaru03.jpg

“キミも一緒に未来を描こ?”

「ボクのアイドル」、「アタシのアイドル」に続く河下先生の読み切り3作品目である
「(G)ジーまるえでぃしょん」がジャンプSQ.19の創刊号に掲載されました!

河下先生は巻末コメントで「ラブじゃないコメディ久々に描けて楽しかったです」と語っており、
今思うと週間少年ジャンプに「りりむキッス」でデビューして以来ずっと
ラブコメ作品を描き続けていたんだよなぁ、としみじみ思います。
そんな河下先生にとってコメディに重点を置いた「(G)ジーまるエディション」は
”ラブコメじゃない河下先生も最高”と思えるほど素晴らしい作品となっております。

それでは本編の内容へ・・・
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

gmaru04.jpg

少女マンガ家を目指す女子校生”鏑木あると”が本作の主人公&ヒロイン!
大切なマンガ賞の締切を迫るあるとは原稿を仕上げるため早々と帰宅。
部屋に戻るとそこには空間のゆがみが!!
そんな非日常的な出来事に驚きを隠せないあると...すると

gmaru2.jpg

ベレー帽に入っていた未確認物体と遭遇!
会っていきなりあるとの胸に飛び込み、あるとが女だったとわかった途端
”も(萌)え~っ”と連発しはじめる始末・・・何というHENTAI!

gmaru05.jpg

その正体は100年後の未来からやって来たロボット、その名も「G丸」。
なんでも少女漫画家ではなくエロ漫画家になったあるとの作品は
未来では規制されてしまっていて読めないため、規制前の過去に
わざわざ人間の体を捨てロボになってまでタイムスリップして来たただの変態紳士でした。

その後、あるとは漫画が規制されている未来について「かなしい世界ね・・・」とつぶやくのですが、
現在問題となっている漫画規制、それに対する河下先生の想いを垣間見ることが出来ます。

もし、近い未来エッチな描写がNGになり...

gmaru06.jpg

こんなにも素晴らしいパンツが見れなくなると思うと、胸が苦しくなるな・・・
夢と希望を詰めこんだ奇跡の結晶であるパンツ!!
それは生きる活力、そして私達に幸せのひと時をくれる産物でもあるのです!!

なので・・・

gmaru07.jpg

河下先生 これかからもいっぱい素晴らしいパンツ描いてください!!
(できれば曽根崎心中で描かれた吸い付きたくなる乳首もお願いします。)
G丸のあるとに対する言葉に胸が熱くなり、
河下先生に抱く気持ちを叫ばずにはいられませんでした。
それと乳首に対する熱い思いを抱くG丸とはうまい酒が飲めそうです(笑)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

さて、話が少しそれてしまいましたが本編に戻ります(汗

締め切りが明日にせまるあるとは「せめてあたしがもう一人いれば」とつぶやく。
すると、G丸が4次元ポケットベレー帽からある道具を取り出します...

gmaru08.jpg

アレ?これなんてダッチワイフ・・・!?
もう口の形がそれにしか見えません。
文明が進化した22世紀もしょせんこの程度のものなのか、がっかりだぜ変態ロボ・・・

...と思ったその時!


gmaru09.jpg


22世紀のダッチワイフすげえええええ!!!
なんと空気嫁が裸のあるとに大変身!
G丸様、先ほどの失言に対し心より深くお詫び申し上げますm(__)m
変身したあると2号ちゃんのぷりっとしたお尻に目を奪われてしまいますが、
次はたわわに実る胸に注目してみましょう・・・


gmaru10.jpg


NO乳首・・・orz
ホント数ミリの差で見えない乳首に、もどかしさを感じずにはいられない!
しかし良~く見てみると、上から白塗りしたようにも見えるので、
短編集が出た時には修正されていることを願いましょう!

その後、なんとか原稿を完成させたあるとですが、持っていく気力がなくダウン。
寝てしまったあるとの変わりにG丸が原稿を届けにいくことになるのですが...

gmaru11.jpg

持っていった先は「月間エロギッシュ」編集部!!
”鏑木あると先生”が将来(エロ)漫画家になる第一歩目を作ってしまったG丸は策士ですな(笑)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

さて、全体的な感想としてはあるととG丸が織りなすちょっぴりエッチで面白おかしい物語は、
河下先生のラブじゃないコメディも最高と思えるほど素晴らしかった!!と思います。
しかし、代名詞であるラブコメも描いて欲しい気持ちもあるため、
本誌orジャンプSQ→ラブコメ。ジャンプSQ.19→「(G)ジーまるえでぃしょん」
のようなダブル連載になってほしいところです。

そして「(G)ジーまるえでぃしょん」の最後の煽りに”・・・続くかも?”となっていることから、
アンケ次第では続編もあるかも知れません!これは送らねば!!
怒涛の読みきりラッシュを見せてくれた河下先生の次回作に期待したいですね!

(追記)
「(G)ジーまるえでぃしょん」 触手に肌エプロン、SMボンテージ!河下先生が覚醒しすぎでござるの巻き
____________________________________________

【関連記事】
河下水希先生読み切り「アタシのアイドル」。前作で見られなかった桃の意外な一面が明らかに!?
河下水希先生の読み切り「ボクのアイドル」。内気なドジッ娘に”きゅんっ”とならずにいられない!
あの別れから4年・・・最終話の後日談は必見!!「あねどきっ」3巻レビュー
なつき・ちあき・奏の魅力がギュッと詰まった!「あねどきっ」2巻レビュー
気になっていた乳首修正は如何に? 「あねどきっ」第1巻レビュー

【関連リンク】
河下水希先生の「エロまんが道」!?ラブ無しコメディ読みきり『(G)エディション』!
 (To LOVEる -とらぶる- 考察 さん)

この記事に含まれるタグ : ジーまるえでぃしょん 河下水希 ジャンプSQ.19 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-158.html

Comment (2) | TB (2) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

河下水希先生読み切り「アタシのアイドル」。前作で見られなかった桃の意外な一面が明らかに!?

   ▲  2010/05/02 (日)  ジャンプ関連
atashi01.jpg

”アタシ、アイドルになっちゃいました・・・”

今作「アタシのアイドル」は「ボクのアイドル」のスピンオフ作品で、
学園祭でアイドルデビューを果たした桃ちゃん視点のストーリー!!
ボクのアイドルでは見ることができなかった、桃ちゃんの恋路や意外な一面まで
バッチリ描かれていて非常にニヤニヤできる素晴らしい作品となっております!!

それでは本編の内容へ・・・
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

atashi03.jpg

“その日あたしはアイドルでした。”

前回、晴史の頼みでアイドルとなり、
文化際のステージで歌をうたい元気に踊る桃ちゃん!
普段は内気でドジな桃ちゃんですが、そんな姿にきゅんっとなるのです。

そして...

atashi025.jpg

前回では見られなかったライブシーンでのパンチラもしっかりと描かれています。
特に、左側のパンツのしわ感や食い込み具合・・・まさに河下先生の真骨頂ここにあり!!
このパンツのリアリティさ、流石としか言いようがありません。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

学園祭ライブから数日後。

atashi035.jpg

晴史「今夜は俺だけのアイドルになってもらおうかな 桃・・・」

な、なんと初っ端なから桃ちゃんが晴史に襲われている!?
何てことをしやがるんだ晴史ッ!!まったくもってけしからんと思っていたら...

atashi04.jpg

実は桃ちゃんの夢(妄想)でしたッ!!!
内気でドジ、さらにエッチな妄想までしてしまう桃ちゃんに胸が熱い!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _

その後、晴史と一緒に下校する桃ちゃん。
すると校門前で待ち伏せしている親衛隊を晴史が見つけ、
自分の制服を桃ちゃんにかぶせ顔を隠しながら帰るように指示しますが...

atashi05.jpg

脱ぎたてのぬくもりが残る制服をクンクン嗅いでしまう桃ちゃんッ!!!
女の子のクンクンは反則すぎる!!超ド級の破壊力です!!
そんなたまらなく可愛い桃ちゃんにニヤニヤ、そして悶えてしまうのです。

あと制服を嗅ぎながら“はるちゃんが好き・・・”って説得力があるような?ないような?
ですが、この事がきかっけとなり桃ちゃんは晴史に告白しようと決意します。
そんな大好きな晴史の制服を手にした桃ちゃんの暴走はまだまだ止まりません!!

atashi07.jpg

まず・・・下着姿で制服をはおり・・・


atashi06.jpg

”なんだかはるちゃんにギュッてされてるみたい・・・”

その姿のままベッドへダイブッ!!!
なんじゃあああこの可愛さは!ヤバイ、ヤバすぎます!!
あまりの可愛さに胸が熱くなりすぎて燃え尽きてしまう勢いです!!!

普段は内気な桃ちゃんが一人きりになった途端、下着のまま制服を着て
好きな人を想いながらベッドに倒れこむ・・・このシチュは最高すぎる!!
もうニヤニヤしすぎて、何回この桃ちゃんに悶えたか忘れてしまいました。(オイッ
_ _ _ _ _ _ _ _ _

とある帰り道。
晴史と2人きりになれた桃ちゃんは告白を試みますが、

atashi08.jpg

パンツが丸見え状態にッ!!アイドルになれどそのドジッぷりは相変わらず。
上は制服、下はパンツという組み合わせは久しぶりに見た気がするのですが、
こういった格好は中々みれないからこそいいものなんだなーと改めて思いました。
(上は制服、下はスク水で生足みたいな)

atashi09.jpg

結局、最後の場面でもうっかり寝てしまい、告白できなかった桃ちゃん...
この感じだと恋が実るのは当分かかりそうですね(笑)

というわけで、「アタシ(ボク)のアイドル」のレビューはここまでとなります。
2つともラブコメ作品として非常に素晴らしかった、そして
もっと桃ちゃんの変態気質な一面、2人のこれからを読んでみたい作品なので、
今後はぜひ本誌連載、もしくは月間連載で復活してほしいですね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そして、河下先生読み切り3本の中で、最後の作品となる
「(G)ジーマルえでぃしょん」

atashi02.jpg

その情報がジャンプNEXTに掲載されていました。
前に掲載された時の画像と比べるてみると、メガネがなくなった・髪の色が明るくなった!?
以上この2つが新たに分かりました。
もしかするとお化け(ロボット)!?の能力でそうなってしまったのではないかと思ったり。
画像からもファンタジー要素がはっきり出ているこの作品は
河下先生の心境地が見れる作品となるかもしれません。期待してSQ.19発売を待ちたいですね!!
____________________________________________
【関連記事】
河下水希先生の読み切り「ボクのアイドル」。内気なドジッ娘に”きゅんっ”とならずにいられない!
河下水希先生が読み切りで少年ジャンプに復帰!読みきりは合計3本に!!
あの別れから4年・・・最終話の後日談は必見!!「あねどきっ」3巻レビュー
なつき・ちあき・奏の魅力がギュッと詰まった!「あねどきっ」2巻レビュー
気になっていた乳首修正は如何に? 「あねどきっ」第1巻レビュー

【関連リンク】
河下水希が新創刊ジャンプNEXTに降臨!読み切り「アタシのアイドル」が待望の登場!!
 (いけさんフロムFR・NEO RE さん)

この記事に含まれるタグ : アタシのアイドル 河下水希 ジャンプNEXT 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-150.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

河下水希先生の読み切り「ボクのアイドル」。内気なドジッ娘に”きゅんっ”とならずにいられない!

   ▲  2010/04/26 (月)  ジャンプ関連
bokunoaidoru01.jpg

”ドジでキュートな キミにお願い-”

遂に河下先生が新作読み切りで本誌に帰ってきたあああァ!!!
「あねどきっ」の連載終了から早3ヶ月での本誌復帰。これはホントにすごいことだと思います。
久しぶりの本誌復帰をはたした河下先生は巻末コメントで
「久しぶりに〆切りに追われたらデカい口内炎ができた。
そんな痛みに耐えて描きました。感想待ってます。」
とコメント

その痛みに耐えながら描いた今回の読み切り作品は、
内気なドジッ娘が活躍する甘酸っぱい青春ラブコメとなっております。
それでは本編の内容へ…
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

bokuno02.jpg

本作の主人公は、文化祭ライブを行うためアイドルをスカウトを
しなくてならない「アイドル委員」を無理やり押し付けられてしまった平野晴史

”スカウトか・・・嫌だなぁ”
帰り道、アイドル委員になってしまったことに落胆する晴史。

すると、後ろから駆け寄ってくる女の子の姿が・・・

bokuno03.jpg

しかし、近づく途中でつまづいてしまい晴史の上にダイブッ!
そして風に吹かれたスカートから見える純白のパンツ・・・
何という絵に描いたドジっぷり!

bokuno04.jpg

そう、この女の子こそ本作のヒロイン”相沢桃香”。(通称は桃

転んだあと、もちろん恥ずかしくなってその場から逃げだすわけですが、
バッグを忘れるというナイスなドジっぷりも発揮。まさしく内気なドジここにあり!

bokuno05.jpg

この笑顔は天使・・・
そう思ってしまうほど、桃ちゃんが見せる満面の笑みにヤラれてしまいました。
隣の家にこんなカワイイ子が住んでいて、尚且つ幼馴染だなんて・・・
ちくしょう!晴史うらやましすぎるッ!!

そんな中、
スカウトがうまくいかず、風呂でアイドルへのこだわりについて考える晴史。
すると隣の家から桃の歌が聞こえ、直感的に感動した晴史は桃ちゃんの下へ...

bokuno06.jpg

...て、タオル一丁でそのまま風呂に行く奴があるかいッ!!!

しかし、悪意なく?風呂場を覗いてしまうこーゆーベタな展開が大好きです!
胸は隠しているけどお尻を突き出している桃がなんともカワイイなー
裸で恥じらう姿+ドジという最強のコンビに胸が熱い!!

その後、
アイドルとして桃の歌を聞かせてほしいと頼みこむ晴史。

bokuno07.jpg

「な なんてゆーか きゅんっ・・・てなったんだ!」

桃ちゃんに”きゅんきゅん”していた読者の声を晴史が代弁!
さらにその言葉にカーっと照れてしまう桃ちゃんに再び悶えてしまう...
何という可愛さなんだ桃ちゃん!!
まさしく、このカワイさはラブコメ暗黒時代を迎えているジャンプにとっての
最終兵器”リーサルウェポン”といっても過言ではありません!


アイドルを進められた桃ちゃんでしたが、緊張して歌うことができないと
晴史の誘いを断ってしまいます。
しかし、自分の代わりに衣装を着て踊りを練習する晴史の姿に勇気付けられ
遂に桃ちゃんがアイドルとして文化祭のステージに立つことを決意!

桃ちゃんの登場、そして晴史が認めた歌が盛り上がりを見せる会場に響き渡る中、

bokuno11.jpg

アイドルとして歌う桃の楽しさが繊細に伝わってくる最高の一コマ!!

心の底から楽しんでいる様子がホント繊細で、桃の可愛らしさがさらに強調されています。
あねどきっ 第17話 ”SILENT WEEK”のブランコをこぐ奏もそうでしたが、
河下先生が描くイキイキとした少女の表情・姿はホントに素晴らしい!!!

bokuno12.jpg

いや~、最後までドジを踏み続ける桃ちゃん最高すぎます!
さらに注目したいのが、一番左の締めくくりの文...

文化祭限定!!愛らしさ100%!!

「初恋限定。」と「いちご100%」のパロディがさらっと入ってるーッ!!
”あねどきっXいぬまるだしっ”で大石先生とコラボしたときにも
似たようなパロがありましたが、今回は見落としそうなほどさり気ないパロになってます(笑)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そして、
「ボクのアイドル」の続きであるスピンオフ漫画、
「アタシのアイドル」が4月30日発売の「ジャンプNEXT」に掲載が決定しております!!

atashino01.jpg

スピンオフの内容はアイドルになった桃の後日談が大公開!!とのこと。
NEXTでは今回あまり触れられなかった晴史と桃の恋の行方が描かれるのではないでしょうか!
今度は恋に悩む桃ちゃんのカワイさが見れると思うと・・・燃焼した胸が再び熱くなるんだ。
____________________________________________
【関連記事】
河下水希先生が読み切りで少年ジャンプに復帰!読みきりは合計3本に!!
あの別れから4年・・・最終話の後日談は必見!!「あねどきっ」3巻レビュー
なつき・ちあき・奏の魅力がギュッと詰まった!「あねどきっ」2巻レビュー
気になっていた乳首修正は如何に? 「あねどきっ」第1巻レビュー

【関連リンク】
ドジっ娘のお色気もある青春快作!河下水希先生の新作読み切り「ボクのアイドル」
 (To LOVEる -とらぶる- 考察 さん)
河下水希先生久しぶりの読切掲載「ボクのアイドル」週刊少年ジャンプ 2010年21・22合併号の感想 Part1 (よう来なさった! さん)

この記事に含まれるタグ : ボクのアイドル 河下水希 読み切り 週間少年ジャンプ 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-147.html

Comment (1) | TB (3) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。