もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 (タグ: 73巻 の検索結果)

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 ”あの男”の登場と、”3つの杯”との関係性

   ▲  2014/03/10 (月)  ONE PIECE
ONE PIECE 73 (ジャンプコミックス)

風雲急を告げるドレスローザ!!
そして”あの男”が姿を見せる!!
(「ONE PIECE」 73巻帯より)

前回の記事の続きとなります。
今回は前の73巻記事で書けなかった”あの男”の正体について迫っていきたいと思います。

この記事を書いている時点でジャンプ本誌の「ONE PIECE」は第740話まで進んでおり、
”あの男”の素性も徐々に明らかになっています。
ですが、一応今回の記事では73巻までの情報を元に記事を書いていきますので、
コミックス派の方でも安心して読める内容になってます。
それでは本題へ...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

突如現れた謎の男
onep73-12.jpg
『誰だお前は!!』

「”メラメラの実”はお前には渡さねェぞ”麦わらのルフィ”!!」

ローを助けに行くため、”メラメラの実”の諦めコロシアムの外へ出ることにしたルフィに対し、
バルトロメオは優勝してあんたに届けるつもりだから安心してくんろと話していた...
と、その時突然2人の間に割って入くる謎の男が出現!!
”メラメラの実”は渡さないと言い放つ男にバロトロメオは、
ルフィ先輩はエース様の弟にして未来の”海賊王”であらせられんだっぺと激おこプンプン丸!


onep73-17.jpg
『貴族のような装い』

「 - そんなこと昔から知ってる 」

そんなバルトロメオを”トン”と軽く払いのける謎の男。
軽い感じで押していますが、次のコマで”ガシャン!!”と効果音が出てるので
バルトロメオは結構な勢いで壁に衝突してます。”トン”なのにすごい力!!

その後、ルフィを昔から知っているという謎の男はルフィに話を持ちかけます。
”メラメラの実”を奪われたくないルフィは、少し怒ったような顔で会話をしていましたが、
何かに気づいたその瞬間、目から涙がこぼれ、最終的には・・・


         ・
         ・
         ・


onep73-18.jpg
『ワンピ伝統の顔芸』

この顔である。

エネルがルフィに雷が効かないと分かった時とほとんど同じリアクション。
ペローナやジンベエも似たような顔をしたことがありますが、
1ページ分丸々と使ったのはエネルとルフィのみ。
で、話は戻りますが、ルフィがこれほどまでに驚き涙したこの男は一体誰なのか!?
その謎を紐解くには、第731話の最後の2ページが重要になってきます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

紐解く鍵は”3つの杯”
onep73-14.jpg
『”3つの杯”どーん!!』

「生ぎてると思わ゛ながっだんだ 」
「あのとぎ死んだと・・・!!」

「死んだど思っでだんだ!!! 」

まずは、謎の男との話し合いを終え、
コロシアムの外に出てドフラミンゴのいる宮殿に向かうルフィのこの発言に注目。
”あのとき死んだと思っていた”・・・
ルフィが過去に亡くした大切な人物といば、
”頂上戦争で戦死したエース””天竜人に殺されたサボ”の兄弟2人。

エースの場合は目の前で死にゆく姿を見届けています。ですが、
サボにおいては、サボの乗った船が沈められた様子を目撃したという情報を聞いただけであり、
実際にサボの死に立ち会えた訳ではありません。
また、襲撃を受けて船は沈みましたが、サボが死んでいる様子は描かれていません!

そして、最後のページで”謎の男”が言った言葉...

onep73-13.jpg
『エースと白ひげの墓』

「エースの”メラメラの実”はおれが貰う!!」
「あいつの意志はおれ達が継いでいくんだ!!! 」

この言葉と共に、エースの墓の前に供えられた”3つの杯”...
そこから導き出される”謎の男”の正体とは...

あえて言おう、サボであると!!

サボはやっぱり生きていた!!
といっても、まだ断定した訳ではありませんが、
ここまでの演出をされたら否が応にもそう思わずにはいられない!!

上記のコマは第68巻”第688話の扉絵”で一度描かれています。(花束の数は違いますが)
扉絵で杯が3つあることに気づいた時から、サボが登場する日を待ち焦がれていましたが、
まさかドレスローザにやって来るとは思っていませんでした。
いやー普通に嬉し泣きしてしまいました、はい。


onep73-16.jpg
『あの日、あの時、あの場所で・・・』

”また兄弟3人どこかで会おう”

サボがエースに宛てた手紙に書かれた約束。
その約束が果たされることはなくなってしまいました。
ですが、”エースの意志””メラメラの実”を受け継ぐと宣言した
サボ (偽ルーシー)に期待せずにはいられないってばよ!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

サボに関する事
onep73-19.jpg
『革命軍兵士”バニー・ジョー”』

以前、第589話の感想 (ジャンプ掲載時)で
”サボは生きているのではないか!?”と記事にした事があります。
(過去記事:「ONE PIECE」 実は生きていた!?サボがルフィとエースに会えなかったワケとは

その時はサボは革命軍に助けられたのではないかと予想し、
ロビンと話している人物がサボではないかと書きましたが、
後に発売された「ONE PIECE BLUE DEEP」で
その人物は”バニー・ジョー”であると明記されています。

ロビンを助けた人物はサボではありませんでしたが、
今回、革命軍であるコアラと電伝虫でやり取りしている姿から、
サボはやはり革命軍に助けられ、そのまま革命軍に所属した流れと考えてよさそうです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

お気に入りのシーン”
onep73-11.jpg
『最高に男前だっぺ!!』

「おれァ腐ってもダチは見捨てねェ!!」

登場時こそ極悪外道な男だと思いましたが、
ルフィに憧れを抱く事が判明してから、好感度があがり始め、
遂にはこんなカッコエエ台詞まで言うなんて・・・
バルトロメオお前ェいい奴すぎるだろ!!

今思うと、海軍本部中将のメイナード (キャップマン)にやられた部下の敵を取る為に、
キャップマンをボコってたんですよね...
部下でも戦友でも見捨てないその心意気にシビれたぜ!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[余談]
以上、73巻の感想の続きでした。
今巻はドレスローザ編の怒涛の展開に心が躍りましたねー。
来週からは「ONE PIECE」のジャンプ感想を復活させる予定でいます。それではまた次回。)ノシ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 ドレスローザに起きた悲劇とドフラミンゴの過去
「ONE PIECE」 受け継がれる”意志”と”麦わら帽子”
「ONE PIECE」 ジュエリー・ボニーは一体何者なのか
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 73 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2014-03-04)

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ワンピース 73巻 感想 サボ バルトロメオ 革命軍 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-239.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 ドレスローザに起きた悲劇とドフラミンゴの過去

   ▲  2014/03/05 (水)  ONE PIECE
ONE PIECE 73 (ジャンプコミックス)

「ONE PIECE」 73巻が発売されました!!
72巻から約4ヶ月ぶりの単行本発売ということで、
皆さん首を長くして待っていた事と思います。(自分もその内の一人)
いや~今巻を一気に読むと後半は怒涛の展開、
最後にはあの男が出てきて締めるとはもう感無量です。

で、73巻は気になった点が多かっため、今回は「ドレスローザに起きた悲劇」
「ドフラミンゴの過去」に的を絞って記事を書いていきたいと思います!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ドレスローザに起きた悲劇
onep73-04.jpg

「今帰った この国の正統なる王だ!!!」
事の発端は10年前、”王下七武海で最も危険な男”であるドフラミンゴが
ドレスローザに帰還したことが悲劇の始まりを迎えることに・・・

突如現れたドフラミンゴは自身の力を武器に、
100億ベリーで国を売ってやろうとリク王に持ちかけます。
「国に金はない」と話すリク王に対し、
こんなチャンスを与えることなく奪い取ってもいいんだど言い放つドフラ。

それを承諾せざるを得なくなったリク王は権威や恥を捨て、土下座をし、
誠意を見せて国民に集金を募りまました。
国民も王を信じお金を納め始めたそのやさき、
突如そのリク王が人を切り、家に火を放つ暴挙を始めます...


onep73-06.jpg
『フフフッひでェ王だよ・・・。”寄生糸(パラサイト)”』

”ドフラミンゴの罠だったんだ!!!”

リク王の心の叫びが胸に突き刺さる・・・
そう、100億ベリーで身を引くなんて事はまったくの嘘!!

イトイトの実の力でリク王や大勢の兵士を操り、国民を悲劇の渦へと落とし入れるドフラミンゴ。
そしてそのピンチに颯爽と現れ、人々を救い出すこの男・・・まさしくヒーロー(悪)である!!


onep73-07.jpg
『ドレスローザ最大の悲劇の元凶』

悲劇はこれだけにあらず、
さらに多くの兵士や国民がシュガーのホビホビの能力でオモチャにされ、
人々の記憶から消え去り存在がなくなってしまった・・・
なんということでしょう(絶望)
これこそがドレスローザの最大の悲劇であり、絶対に許してはならない事件なのである...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

はい、そしてここでちょっと思い出していただきたいのがこちら↓

onep73-02.jpg
『命の芸術(ダイイングアート)』

ジョーラ「ドレスローザに起きた悲劇を完璧に表現できたざます!!」
そう、722話でジョーラが作成したこの絵です!
この絵には悲劇にまつわるいくつかの謎が隠されていると思うので、
分かりやすくするため左右を色で区切りました。

まず、左右を比較する前に押さえておきたいポイントは、
中央下に王冠を被っているモモの助は「王様」を表しているだろうということ。
また、左右の争いを見つめる瞳の左目(向かって右側)が泣いている点。
恐らくこの絵の右側は争いの”敗北者”を表しており、
反対に左側”勝者”を意味しているのではないかと思います。

さらに、色分けした部分で気になる点を以下に挙げてみました。

【右側:敗北者サイド】
・頭と腕に上から直線が引かれている

【左側:勝者サイド】
・両腕の色が違う
・左下中央にいる王様に”翼”が着いている

右側のナミの頭と腕に上から引かれている直線は
ドフラミンゴの”糸”であり、操られている人をを表しているのだと思います。
で、問題なのが左側
チョッパーを中心に渦巻いており、両腕の色が違います。
これはこの争いの勝者が一つの民だけではなかったのではないかなと。
さらに絵の左下に翼があります・・・
そう、この争いには翼を持つ人種、つまりは月の民が関わっていたということでは!?


onep73-09.jpg
『472話扉絵に書かれた地球に下りる月の民』

その昔、月が資源不足に陥った為、翼を持つ民族は地球へと降り立ちました。
また、800年前にはドレスローザの王様が
マリージョアへと旅立ったドンキホーテ一族からリク一族へと変わりました。
気になるのはジョーラの絵の王様は膝を抱え丸くなっており、
背中には翼着けれているように描かれている点。
この絵の王様は即位を無くしたリク王と、
その影には月の民の末裔が関与していた事を表しているんじゃないのかなーと。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ドフラミンゴの過去

20の国の20人の王が作り上げた組織が”世界政府”だ・・・
”創造主”である王達はその家族を引きつれ、聖地マリージョアに住むことにした。
”創造主”の末裔達こそが”天竜人”だ!!



onep73-05.jpg

「世界の”創造主”として聖地マリージョアへと旅立ったのが・・・」

「ドンキホーテ一族だ!!」

な、なんだってー!!
サイファーポールの最上級機関”CP-0”を動かして王下七武海の権威剥奪を誤報にしたり、
政府の上層部に偉そうな口を叩いたりと、破天荒な行動にも上記の理由から納得できますね。

「じゃあお前は”天竜人”だったのかドフラミンゴ・・・!!」
読者の意見を代弁するかのようなローの発言に対し、
「”だった”というなら正解だ - 今は違う」
と返すドフラミンゴ。ふーむ、これは意味深な発言ですね・・・


onep73-10.jpg
『ドフラミンゴの子供時代』

ソファーにもたれ、笑いながらタバコを吸う子供時代のドフラミンゴですが、服はボロボロ。
格好は一丁前でも、見た目的に”天竜人”のような華やかさはありません。
もしかしてドフラミンゴの子供時代からするに、
”だった”というのは、ドフラミンゴ自身が”天竜人”でなくなったのではなく、
ドンキホーテ一族自体が”天竜人”の地位を剥奪されていたのではないかなと。



onep73-03.jpg
『数奇な人生』

「血とは何か・・・!?運命とは何か!?」
「おれ程数奇な人生を辿っている人間もそうはいまい・・・」
”天竜人”の身分であったはずが海賊になり、
現在は武器・兵器・薬など、あらゆる危険物の闇取引を仕切っている『悪のカリスマ』。
そんなドフラミンゴが”海賊王”を目指しているのは血と運命が関係しているのか・・・!?

「・・・"夢"か"運命(さだめ)"か・・・」
ルフィに初めて3千万の懸賞金がかかった際、フーシャ村の村長が口にしたこの台詞。
ドフラミンゴの発言と似てるけど、
比べてみるとドフラは”血”でルフィの場合は”夢”なんですよね...

また頂上戦争時に白ひげは「”血縁”を絶えどあいつらの炎が消えることはねェ・・・」
と、ロジャーの意志を継ぐものはルフィであると言っていました。
ルフィはこれまで”夢”のために生き、”自由”の名の下にその人生を歩んでいます。
しかし、ドフラミンゴの場合は少なくとも先祖の血縁が、
数奇な人生を辿ってきた要因だと言えそうですね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

以上、73巻の感想&考察でした。
ドレスローザの悲劇が長くなってしまいましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございます。
73巻は”あの男”の事も書きたいし、いくつか気になった事とかもまとめたいので、
後日、また記事にしたいと思いっています。)ノシ

<追記>
73巻感想記事の続きを書きました↓
「ONE PIECE」 ”あの男”の登場と、”3つの杯”との関係性
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<人気記事>
「ONE PIECE」 実は生きていた!?サボがルフィとエースに会えなかったワケとは
「ONE PIECE」 ジュエリー・ボニーは一体何者なのか
「ONE PIECE」 明かされた”覇気”の種類と特性について
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 73 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2014-03-04)

この記事に含まれるタグ : ワンピース 73巻 感想 ドレスローザ ドフラミンゴ 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-238.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。