もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 ( ← 2009年11月 → )

total 6 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

あねどきっ 第21話 ”世界の下着女王!!”の簡易感想

   ▲  2009/11/30 (月)  あねどきっ
”嗚呼そのマフラーに代わりたい・・・”

anedoki2101.jpg

前回、”謎の美女”が萩原家の長女だということが判明!
そして今回は”あねどきっ”が始まってから語られることのなかった
萩原家の謎が明らかになりました...
_______________________________________

長女の名前は”萩原はるき”
anedoki2102.jpg

萩原家の長女の名前は”はるき”でしたね。
ということは四女は冬がつく名前で、
過去作品の唯やQちゃんのようなロリキャラで確定かな?

はるきは下着会社の社長らしく、
この会社が萩原家を支えているとか...(30万の脱線はこのことっぽい

そんなはるきが考えた出したヒット商品は
歩くたびに胸が揉まれる感触がする”もみもみくん”!!
洸太のために家で奏ちゃんが着けてたりして?


モザイク
anedoki2104.jpg

何という鉄壁なディフェンス、
しかし、逆に見えないからこそのエロさがここにある!!


いやぁ変に力説してしまいましたw
とは言ってみたものの、やっぱり単行本ではモザイクを取ってもらいたいです!!(ッオイ!

洸太も中学1年生にしては中々の妄想力!
ちょっぴり大胆な下着の域は超えてると思いますw


出てった理由
anedoki2105.jpg

なつきが家出をした本当の理由は、
世界の富豪とお見合いをするのが嫌だったということでした。

やはり萩原家を支えているはるきは両親より権限がありそうです。

そんなはるきの野望はというと...

anedoki2106.jpg

ルフィ並の心意気を感じずにはいられません!!
ワンピースとまさかのコラボ!?を感じたシーンでした。

もみもみ→バトル展開!?
anedoki2107.jpg

縄をほどいたはるきがちあの胸をもみもみ。
揉まれた後の恥じらうちあの顔が可愛いすぎる!!

その後、はるきvsなつきの展開へ!
なつきが喧嘩に強かった理由ははるきに教わったからでした。

そのままバトルに突入するかと思いきや...

anedoki2108.jpg

はるき腰痛によりリタイア
年齢も20後半なことが判明。
浩太とのフラグはちと厳しい気がします。


捕らわれの王子
anedoki2110.jpg

連れさらわれた洸太、まさかの急展開!!

よくある展開だと、
なつきが連れさらわれる

洸太が助けに行く
という流れだと思うのですが、まさかの逆パターン!

となると来週は洸太とはるきの絡みがメインになりそうですね。
今回の話ではるきはかなり破天荒な娘というイメージが着いてしまいましたが、
はたしてはるきがデレるシーンなんかも見れたりするのでしょうか?

それと、洸太を助けに行くメンバーに奏ちゃんが加わらないかと期待したいです!!

<余談>
anedoki2109.jpg

洸太とちあのリアクションがまったく一緒だったのに和みました。


【過去記事】
あねどきっ 第20話 ”草葉の陰からお姉さんっ”の簡易感想
【レポ】
あねどきっ 第14話 の舞台になった場所へ行ってきました
_______________________________________

【関連記事&サイトさん】
あねどきっ 第21話 世界の下着女王!!『あねどきっ』をただひたすら追いかける。さん)
第21話 世界の下着女王!!ごった煮さん)
あねどきっ 第21話「世界の下着女王!!」 週刊少年ジャンプ 2009年53号の感想 Part1
 ┗(よう来なさった!さん)
あねどきっ 第21話「世界の下着女王!!」の感想新さくら日記さん)
姉の登場と家出の理由 あねどきっ 第21話「世界の下着女王!」
 ┗(タカヒナの日常境界線さん)

スポンサーサイト

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-102.html

Comment (0) | TB (5) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊少年ジャンプ 2009年52号の一言感想

   ▲  2009/11/28 (土)  ジャンプ関連
ナルト
naruto0952.jpg

ビーvs鬼鮫は鬼鮫に軍配!!
まさか鬼鮫がここまでの奴だったとは思ってませんでした。
鮫肌に裏切られますが、ビーにトドメを刺しにいったところで今回は終了!
たぶんサブちゃんが身代りになるんだろうなぁ
_______________________________________

トリコ
toriko0952.jpg

ノッキング次郎再登場に驚きました!
マスクをしてても崩れないリーゼントがスゴイw
_______________________________________

バクマン
toriko0953.jpg

蒼樹さんもシュージンのことが気になり始めた様子。
それにしも、けしからん乳ですな!!
そして恋の波紋は亜豆ちゃんと真城にまで発展。真城カワイソス

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-101.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

ONE PIECE -ワンピース- 第564話 ”世界を揺らす男 ”の簡易感想

   ▲  2009/11/26 (木)  ONE PIECE
”遂に動き出した白ひげ、海軍との攻防がさらに激しさを増す!!”

onepeace56401.jpg

記事を書くのが遅くなってしまいましたが、
ワンピース第564話についての簡易感想になります。

前回、スクアードが白ひげを刺した理由が明かされ、
深手を負いながらも白ひげが戦場に飛び込んだ場面で終了だったのですが、
今回の展開もものスゴイことになっております...
_______________________________________

動き出した伝説

onepeace56402.jpg

持病に加え、胸を刺されるという痛手を負いながらも戦場に降り立った白ひげ
ニヤリと笑う姿からは痛手を負っているようには見えません!!

そんな中、白ひげを刺してしまったことを激しく後悔し泣きわめくスクアード
それを見ていたマルコが一言...

onepeace56403.jpg

いやー、マルコかっこよすぎだろ!!

過去を振り返るより未来を見据えろ!!!
覚悟を決めた表情が実に男らしい!


どっかで見たような?

onepeace56404.jpg

白ひげの前に立ちふさがるは”ジョン・ジャイアント”
どっかで見たことあるような顔だなーと思ったら、
第11巻にて海軍本部で演説を行っていた方でした。

それにしてもスゴイけつあごだなぁw
あごの割れ具合だったらフランキーの次ぐらいにスゴイのでは!?


世界を揺らす男

onepeace56405.jpg

海も島も全てを揺るがす圧倒的なその力!!
世界最強の男が本領を発揮します!

島が傾く中、自分の身よりルフィを心配するハンコックに癒されました。

そしてジョン・ジャイアントは白ひげの手によりあっけなく撃沈・・・
11巻以来の登場だったのですが、ロンズ中将と同じく一撃でやられてしまうとは。


3大将バリアー

onepeace56406.jpg

処刑台に向かっていた衝撃波をそらした大将達!!
3人とも同じポーズをとっているあたりがシュールw
このとき、能力を使った描写がないので、
もしかしたら覇気を使っていたのでしょうか?


流星火山が降り注ぐ

onepeace56407.jpg

オーズのおかげで包囲壁が正常に作動しない!!
そのことに勝機を見出した白ひげだったのですが...

onepeace56408.jpg

大量の拳型メテオが空から降ってきたァー!!!

モービーディック号が被弾してしまっているところを見ると、
旧海賊時代の終焉を物語っているかのように見えてしまう(泣

流星火山を静かに見つめる白ひげは一体何を思っているのでしょうか!?

さて、次回は本編に加え、映画連動読切『第0話』巻頭カラーとの2本立てということで
来週が非常に楽しみでしかたありません!!!


【過去記事】
ONE PIECE -ワンピース- 第563話 ”心臓一つ 人間一人 ”の簡易感想
ONE PIECE -ワンピース- アニメ新OP”風をさがして”について

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-100.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。