もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 ( ← 2010年04月 → )

total 5 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「あねどきっ」は何故打ち切りになってしまったのか...他 気になる話題!

   ▲  2010/04/29 (木)  雑記
anedokitt.jpg

「あねどきっ」は何故打ち切りになってしまったのか
 (マンガがあればいーのだ。 さん)
 ”最後まで描かれなかったなつきの内面”と”見えなかった「好き」のベクトル”
 自分もこの2つが大きかったのではないかと思います。

ルフィとエースの過去が明らかになると思うと胸が熱くなるな
 (ヤマカム さん)
 なんとチビの持っている本に謎のマークがッ!!!

ワンピース 「海軍の英雄」モンキー・D・ガープの心情を察してみる
 (モヤモヤぶろ~ぐ2 さん)
 頂上戦争が終わり、ガープは今後どのようなアクションを起こすのか気になります!
 
ルフィの麦わら帽子を完全再現!限定100個で発売
 (コミックナタリー さん)
 この麦わら帽子を被れば精悍な男になれるかも!?

うわぁ・・・このピッコロさん・・すごく強そうナリ・・・
 (プラティカルパ さん)
 ぎゃぁー!!カービィーこえぇー!!!

ツンクール制服美少女 「鬼月あるちゅのフルカラーは半端じゃないぜ」
 (アキバblog さん)
 ホットミルクは作家陣がホント豪華だなぁ

【邦楽】 オリコンデイリー、アニメ「けいおん!!」OPEDがワンツーフィニッシュ
 (痛いニュース(ノ∀`) さん)
 ギレン「圧倒的じゃないか、我が軽音部は・・・」

こんなけいおん!はイヤだ
 (ねたたま! さん)
 No thank you!!

コナミ、『ラブプラス+』に日本全国を周らないと手に入らないご当地キャラシステムを導入
 (かくれオタのブログ さん)
 全国巡りはさすがにキツいと思います。

タイトルに~君がいた夏~をつけると切なくなる
 (カナ速 さん)
 >>24 切なすぎるだろ(泣)
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 雑記 あねどきっ 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-149.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 遂にルフィが復活ッ!!・・・しかし待っていたのは怒り、そして悲しみ・・・

   ▲  2010/04/28 (水)  ONE PIECE
ONE PIECE 第582話 ”ルフィとエース” の簡易感想になります。

op58201.jpg

扉絵は麦わらの一味のガチンコサッカー!!
ルフィの放つ火の玉シュートはどことなく、
キャプテン翼のシュナイダー君の”ファイヤーショット”を思い起こさせます(笑)
あと、この絵を見て映画「ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国」で時上映された、
「夢のサッカー王」を思い出しました。確かこの作品では尾田先生が声優に挑戦していたと思います。

それでは本編の内容へ...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

「頂上戦争」より約2週間が過ぎ、場面は女ヶ島”アマゾン・リリー”へ
ルフィが目を覚ましたとハンコックに伝えられたのですが…

op58202.jpg

最高級のデレ具合・・・ハンコックに癒され、そして悶えてしまう!!
ルフィの容態が気になって食事もノドを通らなかったハンコックに胸が熱くなるわけですが、

op58203.jpg

常にルフィを想いつづけるその姿はまさに嫁そのもの!!
ハンコックのような奥さんがいたらどんなに幸せなことか・・・
ホント、ルフィが羨ましいかぎりです。

それと、まったく別の話になるのですが
結局のところ、ドフラミンゴに消されかけていたモリアはどうなったんでしょうか?
冒頭でまったく触れられないモリアに少し同情してしまいますが、
奴のことだからひっそり生きていて後々出てくるのではないかなー、と思ってたりします。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

一方、湾岸に停泊しているローとその仲間達

op58204.jpg

ベポはオス熊なことが確定!異性に興味津々なベポが意外でしたが、
そのネガティブさは相変わらずなところが良いですね。
この感じだとウソップと同じくネガティブホロウも気かなそうですね(笑)

そして、
無言で麦わら帽子を見つめるロー。なんとも意味深な構図です。
このままルフィに返さないなんてことはないと思いますが、
一体麦わら帽子に何を感じとっているのか?
"受け継がれる意志" "人の夢" "時代のうねり"
この辺ではないかと思うのですが、う~ん気になりますね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

”やっぱり夢見てたかな・・・”

そう思い、目を閉じるルフィでしたが・・・
頭に浮かんでくるのはエースが死んでしまう場面...

op58205.jpg

「消えろ!!!消えろォオオオ!!!」
目を開けても支えていた腕に残る、エースが死んでしまったという感覚。そして事実。
その事実を拭い去るため、怒りに身をゆだね暴れまわるルフィがなんとも痛々しい・・・

「ほっぺたなら・・・ハァ ちぎれる程つねった・・・!!
夢なら覚めるハズだ・・・!!・・・夢じゃねェんだろ・・・?」

op58206.jpg

「エースは・・・・・・!!!死んだんだろ゛!!!?」

エースの死を受け入れたルフィ・・・その悲しみが大粒の涙となって溢れ出す!!
死の直後は精神が崩れてしまい、あの場で流せなかった涙が今ようやく流れ、
大声で泣き叫ぶルフィの姿に胸が苦しくなります・・・
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そして、話は10年前”フーシャ村裏 コルポ山”ルフィとエースが出会った場面へ

op58210.jpg

最強の海兵にさせられるため、ガープに育て親であるダダンの元へ連れてこられたルフィ。
よく見るとルフィの着ているタンクトップが”56=ゴム”じゃないかッ!!
56タンクトップ、少年ルフィにすごく似合っているなぁ。

そして、遂にダダンがそのベールを脱ぎました・・・

op58207.jpg

えっ!?これがダダン・・・ごっついおばちゃんじゃないか!!!

過去に出てきた人物(サウロとか)なのではないかと思っていたのですが、
その予想は見事にハズレました!!
ダダンの顔はどことなくニョン婆に似ている気がします。
ガープに頭が上がらないのは監獄から出してもらった恩があるからだったのか。
その隣にいる2人は山賊をやっていたときの仲間でしょうか?

op58208.jpg

ルフィとエースの初対面は最悪のカタチ・・・
唾を飛ばすエース...悪ガキらしさ全開です!!
10年が経つとあんなにも礼儀正しくなり、弟のことを大切に思う兄になるんですから
この出会いがエース、そしてルフィにとっても大切なものだったことには違いありません。

op58209.jpg

そして今回語られるであろうルフィとエースの幼年期の出来事。
”サボの件”ももちろん気になるところなのですが、
父である海賊王ゴール・D・ロジャーを嫌っていたエースが何故海賊を目指したのか?
目指そうと思ったきっかけはルフィと”サボの件”が深く関わっていると思うので、
その辺りがどのように描かれるのか楽しみです!!

しかし、今週が合併号だったため、来週はお休み。うぅツラすぎる。
____________________________________________

【過去記事 (5)】
第581話 荒れ始める海・・・新たな時代はどこへ向かうのか?
【考察】 ”自由”と”支配”・・・相反する2つの思想について
第580話 長きにわたった”マリンフォード頂上戦争”ここに終戦!!
第579話 世界の運命を変えた勇気!その時、あの男が満を持して登場!!
第575~578話 新時代の幕開け!強大となった闇、新たなる時代へ贈るべき炎

【関連記事】
『ワンピース』涙の数だけ強くなれ、負けるなルフィ!そして遂に明かされる二人の出会い!?
 (キャまの本屋 さん)
ワンピース 第582話 現実との戦い、そして二人の過去へ
 (モヤモヤぶろ~ぐ2 さん)

この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 週間少年ジャンプ 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-148.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

河下水希先生の読み切り「ボクのアイドル」。内気なドジッ娘に”きゅんっ”とならずにいられない!

   ▲  2010/04/26 (月)  ジャンプ関連
bokunoaidoru01.jpg

”ドジでキュートな キミにお願い-”

遂に河下先生が新作読み切りで本誌に帰ってきたあああァ!!!
「あねどきっ」の連載終了から早3ヶ月での本誌復帰。これはホントにすごいことだと思います。
久しぶりの本誌復帰をはたした河下先生は巻末コメントで
「久しぶりに〆切りに追われたらデカい口内炎ができた。
そんな痛みに耐えて描きました。感想待ってます。」
とコメント

その痛みに耐えながら描いた今回の読み切り作品は、
内気なドジッ娘が活躍する甘酸っぱい青春ラブコメとなっております。
それでは本編の内容へ…
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

bokuno02.jpg

本作の主人公は、文化祭ライブを行うためアイドルをスカウトを
しなくてならない「アイドル委員」を無理やり押し付けられてしまった平野晴史

”スカウトか・・・嫌だなぁ”
帰り道、アイドル委員になってしまったことに落胆する晴史。

すると、後ろから駆け寄ってくる女の子の姿が・・・

bokuno03.jpg

しかし、近づく途中でつまづいてしまい晴史の上にダイブッ!
そして風に吹かれたスカートから見える純白のパンツ・・・
何という絵に描いたドジっぷり!

bokuno04.jpg

そう、この女の子こそ本作のヒロイン”相沢桃香”。(通称は桃

転んだあと、もちろん恥ずかしくなってその場から逃げだすわけですが、
バッグを忘れるというナイスなドジっぷりも発揮。まさしく内気なドジここにあり!

bokuno05.jpg

この笑顔は天使・・・
そう思ってしまうほど、桃ちゃんが見せる満面の笑みにヤラれてしまいました。
隣の家にこんなカワイイ子が住んでいて、尚且つ幼馴染だなんて・・・
ちくしょう!晴史うらやましすぎるッ!!

そんな中、
スカウトがうまくいかず、風呂でアイドルへのこだわりについて考える晴史。
すると隣の家から桃の歌が聞こえ、直感的に感動した晴史は桃ちゃんの下へ...

bokuno06.jpg

...て、タオル一丁でそのまま風呂に行く奴があるかいッ!!!

しかし、悪意なく?風呂場を覗いてしまうこーゆーベタな展開が大好きです!
胸は隠しているけどお尻を突き出している桃がなんともカワイイなー
裸で恥じらう姿+ドジという最強のコンビに胸が熱い!!

その後、
アイドルとして桃の歌を聞かせてほしいと頼みこむ晴史。

bokuno07.jpg

「な なんてゆーか きゅんっ・・・てなったんだ!」

桃ちゃんに”きゅんきゅん”していた読者の声を晴史が代弁!
さらにその言葉にカーっと照れてしまう桃ちゃんに再び悶えてしまう...
何という可愛さなんだ桃ちゃん!!
まさしく、このカワイさはラブコメ暗黒時代を迎えているジャンプにとっての
最終兵器”リーサルウェポン”といっても過言ではありません!


アイドルを進められた桃ちゃんでしたが、緊張して歌うことができないと
晴史の誘いを断ってしまいます。
しかし、自分の代わりに衣装を着て踊りを練習する晴史の姿に勇気付けられ
遂に桃ちゃんがアイドルとして文化祭のステージに立つことを決意!

桃ちゃんの登場、そして晴史が認めた歌が盛り上がりを見せる会場に響き渡る中、

bokuno11.jpg

アイドルとして歌う桃の楽しさが繊細に伝わってくる最高の一コマ!!

心の底から楽しんでいる様子がホント繊細で、桃の可愛らしさがさらに強調されています。
あねどきっ 第17話 ”SILENT WEEK”のブランコをこぐ奏もそうでしたが、
河下先生が描くイキイキとした少女の表情・姿はホントに素晴らしい!!!

bokuno12.jpg

いや~、最後までドジを踏み続ける桃ちゃん最高すぎます!
さらに注目したいのが、一番左の締めくくりの文...

文化祭限定!!愛らしさ100%!!

「初恋限定。」と「いちご100%」のパロディがさらっと入ってるーッ!!
”あねどきっXいぬまるだしっ”で大石先生とコラボしたときにも
似たようなパロがありましたが、今回は見落としそうなほどさり気ないパロになってます(笑)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そして、
「ボクのアイドル」の続きであるスピンオフ漫画、
「アタシのアイドル」が4月30日発売の「ジャンプNEXT」に掲載が決定しております!!

atashino01.jpg

スピンオフの内容はアイドルになった桃の後日談が大公開!!とのこと。
NEXTでは今回あまり触れられなかった晴史と桃の恋の行方が描かれるのではないでしょうか!
今度は恋に悩む桃ちゃんのカワイさが見れると思うと・・・燃焼した胸が再び熱くなるんだ。
____________________________________________
【関連記事】
河下水希先生が読み切りで少年ジャンプに復帰!読みきりは合計3本に!!
あの別れから4年・・・最終話の後日談は必見!!「あねどきっ」3巻レビュー
なつき・ちあき・奏の魅力がギュッと詰まった!「あねどきっ」2巻レビュー
気になっていた乳首修正は如何に? 「あねどきっ」第1巻レビュー

【関連リンク】
ドジっ娘のお色気もある青春快作!河下水希先生の新作読み切り「ボクのアイドル」
 (To LOVEる -とらぶる- 考察 さん)
河下水希先生久しぶりの読切掲載「ボクのアイドル」週刊少年ジャンプ 2010年21・22合併号の感想 Part1 (よう来なさった! さん)

この記事に含まれるタグ : ボクのアイドル 河下水希 読み切り 週間少年ジャンプ 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-147.html

Comment (1) | TB (3) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。