もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 ( ← 2010年05月 → )

total 4 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 ”兄弟杯”自由を求める3人に訪れた悲劇・・・

   ▲  2010/05/25 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第585話 ”兄弟杯” の簡易感想になります。

onep58501.jpg

”マゼラン&ハンニャバルの釣りバカ日誌!”
今回の扉絵はマゼランとハンニャバル。インペルダウンの上司と部下な2人ですが、
昇格Tシャツを着ているハンニャバルは接待する気は微塵もない感じ(笑)

それでは本編の内容へ...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ポルシェーミの一件を経て絆を深めたルフィとエース、そしてサボの3人。
そんなとある日、サボは自分が貴族の息子だと打ち明けます。
「王族の娘を貰え!暇があったら勉強しろ!」と両親から過度のプレッシャーをかけられていたが、
決められた人生を送るくらいならゴミ山で生活していたほうがましだと思い家を飛び出したと。

そんなサボが将来について語り始めます...
onep58502.jpg

「自由になろう!!!」
ワンピースの中で最も重要なテーマである”自由”
海賊王を目指すルフィにとって、シャンクス達の影響だけでなく、
サボのこの発言も自由を追い求める源となっているような気がします。
(関連記事:「ONE PIECE」 ”自由”と”支配”・・・相反する2つの思想について)

そして、3人の少年達はそれぞれの夢を語り合います。
サボは航海士になり広い世界を見てそれを伝える本を出す事がしたいと話します!

次にエース...
onep58509.jpg

「最高の名声を手に入れる!!それだけがおれの生きた証になる!!!
世界中の奴らがおれの存在を認めなくても どれほど嫌われても!!!
”大海賊”になって見返してやんのさ!!!」


この言葉を聞いたとき、もう胸が痛んでしかたなかったです・・・
なぜなら、死ぬ間際にエースは、
onep58503.jpg

「本当に欲しかったものは・・・どうやら名声なんかじゃなかったんだ・・・
おれは”生まれてきてもよかったのか”欲しかったのは・・・その答えだった」


エースにとっての生きた証は”名声”ではなく”愛してくれたという実感”だった!!
そしてルフィ、サボ、オヤジ、そして色んな人達に愛されたエースの人生に悔いはなかった!、と。
そう思った瞬間、目から汗が止まりませんでした(ノД`)
少年時代のエースとマリンフォード編でのエースを重ね合わせた時の涙腺崩壊率は異常!!

そして、最後はルフィ!
    
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・

onep58508.jpg

な、何とここでルフィが夢を語るシーンはカットされてしまいます!!!
何故ここで夢を伏せたのか?そしてこの時ルフィが語った夢は一体何だったのか?

(追記)
ルフィの夢に関してはモヤモヤぶろ~ぐ2さんの記事にて語られていますので是非ともご参照を!
(関連リンク:ワンピース 第585話 交わされる兄弟の盃と3人の夢)

自分もやはり船長のあの言葉ではないかな~と。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そしてタイトル通り、兄弟の杯を交わす3人!
onep58504.jpg

「杯は実は3つある?」というはやはり本当でした。
これでルフィとエースは2人兄弟ではなく、サボを入れた3人兄弟だった!という事になります。

しかし、この事により大きな矛盾が生じることになってしまうんです・・・
なぜならルフィは戦争中、エースについて
「世界でたった1人の兄弟なんだ!」と叫んでいたからです。
前回、サボは天竜人の奴隷になるかも知れないと話しましたが、
ここにきて死亡フラグが濃厚となってしまいました・・・
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

兄弟となった3人が過ごす楽しい日々...
onep58505.jpg

マキノさんの可愛さに癒されずにはいられない!!
そんな姿に普段クールなエースでさえ照れてしまってます(笑)
個人的にマキノさんは嫁にしたいキャラNo.1です(ちなみにNo.2はデレたハンコック
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

しかし、そんな楽しい毎日に突如訪れた悲劇・・・
onep58506.jpg

サボの父親のさし金でブールジャムに捕らわれてしまったサボ!
ポルシェーミをフルボッコにしたエース、そしてルフィは抵抗しますが、
ブルージャム海賊団には手も足も出ない様子。

そして、ルフィとエースは始末しておけとの言葉に対し
何でも言う通りにするから傷つけるのはやめてくれと叫ぶサボ...
onep58507.jpg

一度は自由になると決めた人生、しかし大切な兄弟の命には代えられない!
そう決断したサボは今後はどうなってしまうのか・・・あと天竜人が関わってくるのか?
マイナスなイメージしか浮かびませんが、来週の展開にも目が離せないですね!!
____________________________________________

【関連記事】
第584話 ルフィを救え!!見出した価値、そして漂う不吉な予感・・・
第583話 サボの登場で見えてきたエース、ルフィとの関係性!
第582話 遂にルフィが復活ッ!!・・・しかし待っていたのは怒り、そして悲しみ・・・
第581話 荒れ始める海・・・新たな時代はどこへ向かうのか?
麦わらの一味の名言集!!その2

【関連リンク】
『ワンピース』俺たちは家族だ、交わされた兄弟杯!そして少年達は己が無力を知る・・・
 (キャまの本屋 さん)
ワンピース 第585話 交わされる兄弟の盃と3人の夢
 (モヤモヤぶろ~ぐ2 さん)
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 週間少年ジャンプ 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-159.html

Comment (3) | TB (1) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

河下水希先生の読み切り「(G)ジーまるえでぃしょん」。ちょっぴりエッチな”ゆるふわコメディ”が面白すぎる!!

   ▲  2010/05/20 (木)  ジャンプ関連
gmaru03.jpg

“キミも一緒に未来を描こ?”

「ボクのアイドル」、「アタシのアイドル」に続く河下先生の読み切り3作品目である
「(G)ジーまるえでぃしょん」がジャンプSQ.19の創刊号に掲載されました!

河下先生は巻末コメントで「ラブじゃないコメディ久々に描けて楽しかったです」と語っており、
今思うと週間少年ジャンプに「りりむキッス」でデビューして以来ずっと
ラブコメ作品を描き続けていたんだよなぁ、としみじみ思います。
そんな河下先生にとってコメディに重点を置いた「(G)ジーまるエディション」は
”ラブコメじゃない河下先生も最高”と思えるほど素晴らしい作品となっております。

それでは本編の内容へ・・・
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

gmaru04.jpg

少女マンガ家を目指す女子校生”鏑木あると”が本作の主人公&ヒロイン!
大切なマンガ賞の締切を迫るあるとは原稿を仕上げるため早々と帰宅。
部屋に戻るとそこには空間のゆがみが!!
そんな非日常的な出来事に驚きを隠せないあると...すると

gmaru2.jpg

ベレー帽に入っていた未確認物体と遭遇!
会っていきなりあるとの胸に飛び込み、あるとが女だったとわかった途端
”も(萌)え~っ”と連発しはじめる始末・・・何というHENTAI!

gmaru05.jpg

その正体は100年後の未来からやって来たロボット、その名も「G丸」。
なんでも少女漫画家ではなくエロ漫画家になったあるとの作品は
未来では規制されてしまっていて読めないため、規制前の過去に
わざわざ人間の体を捨てロボになってまでタイムスリップして来たただの変態紳士でした。

その後、あるとは漫画が規制されている未来について「かなしい世界ね・・・」とつぶやくのですが、
現在問題となっている漫画規制、それに対する河下先生の想いを垣間見ることが出来ます。

もし、近い未来エッチな描写がNGになり...

gmaru06.jpg

こんなにも素晴らしいパンツが見れなくなると思うと、胸が苦しくなるな・・・
夢と希望を詰めこんだ奇跡の結晶であるパンツ!!
それは生きる活力、そして私達に幸せのひと時をくれる産物でもあるのです!!

なので・・・

gmaru07.jpg

河下先生 これかからもいっぱい素晴らしいパンツ描いてください!!
(できれば曽根崎心中で描かれた吸い付きたくなる乳首もお願いします。)
G丸のあるとに対する言葉に胸が熱くなり、
河下先生に抱く気持ちを叫ばずにはいられませんでした。
それと乳首に対する熱い思いを抱くG丸とはうまい酒が飲めそうです(笑)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

さて、話が少しそれてしまいましたが本編に戻ります(汗

締め切りが明日にせまるあるとは「せめてあたしがもう一人いれば」とつぶやく。
すると、G丸が4次元ポケットベレー帽からある道具を取り出します...

gmaru08.jpg

アレ?これなんてダッチワイフ・・・!?
もう口の形がそれにしか見えません。
文明が進化した22世紀もしょせんこの程度のものなのか、がっかりだぜ変態ロボ・・・

...と思ったその時!


gmaru09.jpg


22世紀のダッチワイフすげえええええ!!!
なんと空気嫁が裸のあるとに大変身!
G丸様、先ほどの失言に対し心より深くお詫び申し上げますm(__)m
変身したあると2号ちゃんのぷりっとしたお尻に目を奪われてしまいますが、
次はたわわに実る胸に注目してみましょう・・・


gmaru10.jpg


NO乳首・・・orz
ホント数ミリの差で見えない乳首に、もどかしさを感じずにはいられない!
しかし良~く見てみると、上から白塗りしたようにも見えるので、
短編集が出た時には修正されていることを願いましょう!

その後、なんとか原稿を完成させたあるとですが、持っていく気力がなくダウン。
寝てしまったあるとの変わりにG丸が原稿を届けにいくことになるのですが...

gmaru11.jpg

持っていった先は「月間エロギッシュ」編集部!!
”鏑木あると先生”が将来(エロ)漫画家になる第一歩目を作ってしまったG丸は策士ですな(笑)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

さて、全体的な感想としてはあるととG丸が織りなすちょっぴりエッチで面白おかしい物語は、
河下先生のラブじゃないコメディも最高と思えるほど素晴らしかった!!と思います。
しかし、代名詞であるラブコメも描いて欲しい気持ちもあるため、
本誌orジャンプSQ→ラブコメ。ジャンプSQ.19→「(G)ジーまるえでぃしょん」
のようなダブル連載になってほしいところです。

そして「(G)ジーまるえでぃしょん」の最後の煽りに”・・・続くかも?”となっていることから、
アンケ次第では続編もあるかも知れません!これは送らねば!!
怒涛の読みきりラッシュを見せてくれた河下先生の次回作に期待したいですね!

(追記)
「(G)ジーまるえでぃしょん」 触手に肌エプロン、SMボンテージ!河下先生が覚醒しすぎでござるの巻き
____________________________________________

【関連記事】
河下水希先生読み切り「アタシのアイドル」。前作で見られなかった桃の意外な一面が明らかに!?
河下水希先生の読み切り「ボクのアイドル」。内気なドジッ娘に”きゅんっ”とならずにいられない!
あの別れから4年・・・最終話の後日談は必見!!「あねどきっ」3巻レビュー
なつき・ちあき・奏の魅力がギュッと詰まった!「あねどきっ」2巻レビュー
気になっていた乳首修正は如何に? 「あねどきっ」第1巻レビュー

【関連リンク】
河下水希先生の「エロまんが道」!?ラブ無しコメディ読みきり『(G)エディション』!
 (To LOVEる -とらぶる- 考察 さん)

この記事に含まれるタグ : ジーまるえでぃしょん 河下水希 ジャンプSQ.19 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-158.html

Comment (2) | TB (2) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 ルフィを救え!!見出した価値、そして漂う不吉な予感・・・

   ▲  2010/05/17 (月)  ONE PIECE
ONE PIECE 第584話 ”ポルシェーミの一件” の簡易感想になります。

onep58401.jpg

”クロコダイル・・・いや、ファーザー・・・そう呼ばせていただこう”
今回の扉絵はクロコダイルとダズさんなんですが、もうクロコのカッコよさに大歓喜!!
フックで新聞貫いているとかたまらんねッ!!!
個人的に頂上戦争においてクロコ株急上昇しただけに、
戦いが終わった今、何をしているのか気になる1人でもあります。

それでは本編の内容へ...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep584011.jpg

エースに大金を奪われたポルシェーミに掴まってしまったルフィ!
隠し場所を吐かせるため、トゲ付きグローブで殴られ続けるその姿が...
7才のルフィに対しホンキでフルボッコにするポルシェーミの野郎・・・まさに外道!!

一方、宝を別の場所へ移動させ難を逃れようとするエースとサボ。
宝を全部移動させ終わったエースの元に駆け足で戻るサボが一言...

「あのルフィって奴・・・!!まだ口を割ってねェんだよ!!!」

ルフィは口を割ってない・・・驚愕の事実を知ったエース、そしてサボは
onep58402.jpg

ルフィ救出のためポルシェーミの元に強行突入ッ!!!
この時逃げずに戦ったエースは、なんと逆にポルシェーミをフルボッコしてしまいます!
海賊達に対し物怖じせず立ち向かうエースさんカッケェーす!

そしてこの時ルフィを助け出したことがきっかけとなり、
今まで生うまれてきてよかったのか?と思っていたエースの心に変化が現れます
onep58404.jpg

エース「お前はおれに生きててほしいのか・・・?」

ルフィ「当たり前だ!!」

鬼と呼ばれた子が生きる価値を見出したこの瞬間に感動せずにはいられない(泣)
ルフィの友達になりたいという真直ぐな気持ちが
冷え切ったエースの心を少しずつ溶かしていく...
そんな、いずれ兄弟となる2人の心が初めて通いあったシーンではないでしょうか。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

この1件を経て、ダダンの元に住み着き始めたサボ。そして、
onep58405.jpg

ルフィ、エース、サボの悪童トリオここに誕生!
サボが違和感なくルフィとエースの間にいることから、
ますます3人で盃を交わしたのではないか?そう思えてきてしまいます。
(来週辺りで盃を交わしそうな気がするけどどうだろ?)

しかし、3人での楽しい時間はそう長く続かなそうな出来事が・・・

onep58406.jpg

ここでまさかの天竜人、到来!!
煽りに「嫌な予感」と入っていることからも、
天竜人が起こすであろうアクションは悪いものであると想像できます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

さて、ここからは少し考察的な感じになります。

この過去編において悪い出来事とセットで考えてしまうのが、やはりサボの事なんです。
次回以降、天竜人とサボが関わることはほぼ間違いなさそうなので、
この2つ関係性において現時点で予測できる事柄を挙げてみました。

①サボが天竜人に連れていかれそうになったエースを助ける→エースを助けるが死亡
②サボが天竜人にそのまま連れていかれてしまう→奴隷として生きることに


天竜人の登場により、サボは奴隷になってしまったという選択肢も考えられてきます。
しかし、ここで頭に置いておきたいことが一つ。
それはサボがいずれかの形でいなくなったとして、ルフィはその件に
天竜人が関与していたという事を知らなかったのではないでしょうか!?

また、その事実を知ってそうなのはエースだけなような気がするんです。

onep58407.jpg

以前、ルフィはシャボンディ諸島で天竜人に会ったときサボのことは口に出していませんし、
ハチから天竜人についての説明を受けるときも初耳で聞いている様子でした。
エースに関しては死に際に”サボの件”と発言していることから、
この件に関しては詳しく知ってもおかしくはないと思うんですよね。

それでは何故エースはルフィにこの件をちゃんと伝えなかったか?
という疑問が残りますが、コレに関しては物語の中で語られるのを待つほかなさそうです(汗

いずれにしろ、ルフィがシャボンディ諸島のオークション会場にて天竜人をぶっ飛ばした...
onep58408.jpg

この一撃がサボの無念をもはらした一発となった!!

そんな気がしてなりません!!しかしいつ見てもこの一撃スカッとするなぁ~
以上サボと天竜人に関する考察っぽい感想でした。
そして次回、天竜人がどんなアクションを仕出かすのか?その時、ルフィとエース、そしてサボは?
いろんな想像が膨らんでしまうワンピースから来週も目が離せませんね!!!
____________________________________________

【関連記事】
第583話 サボの登場で見えてきたエース、ルフィとの関係性!
第582話 遂にルフィが復活ッ!!・・・しかし待っていたのは怒り、そして悲しみ・・・
第581話 荒れ始める海・・・新たな時代はどこへ向かうのか?
【名言】麦わらの一味の名言集!!その2
【考察】 ”自由”と”支配”・・・相反する2つの思想について

【関連リンク】
ワンピース 第584話 「ポルシェーミの一件」と生まれ始める兄弟の絆
 (モヤモヤぶろ~ぐ2 さん)
『ワンピース』まさかの過去編急展開!?名物トリオ誕生と忍び寄る予想外の影!!
 (キャまの本屋 さん)

この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-157.html

Comment (0) | TB (1) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。