もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 ( ← 2010年06月 → )

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」3巻。黒パンスト娘の登場でどうなるお兄ちゃん?

   ▲  2010/06/19 (土)  コミックス
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(3)  (アクションコミックス)

”エロ兄貴がパンストにほんの出来心!!”

エッチな本とDVDが大好きな兄・修輔と、お兄ちゃんの事が大好きだけど
いまひとつ素直になれない妹・奈央が織りなすラブコメも遂に3巻目に突入となりました。

しかし未だに長すぎるタイトルの略し方がわかりません...(汗
(「お兄好き」でいいんすかね?誰か教えてください・・・)

さて、前巻では修輔と幼馴染である彩葉が密会デートをする中、
しっかりその様子を尾行しつつ観察していた奈央。
「相手にとって不足なしっ!!」
兄・修輔に思いを寄せる彩葉をライバルとして意識し始めたのでした。

そして、そんな2人が第3巻にて早速火花を散らします。
onisuki0301.jpg

プールで溺れた修輔のマウス・トゥ・マウス権を奪いあう二人!!
いや、早くしないと兄貴が死んじゃうって!(笑)
策士の妹vs積極的な幼馴染
修輔を奪い会う三角関係になっていくのではと思いきや、
とある人物の登場で修輔を巡る関係がさらにヒートアップしていく展開に...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

その人物とは、修輔と同じクラスでクラス委員をやっている優等生・近藤繭佳なのです。
彼女の持ち味はなんといっても黒パンスト!!

onisuki0302.jpg

「黒ストッキング越しのパンツもまたエロいっ!」
淡い色のパンツにストッキングの黒が重なることで
破壊力は2倍、いや4倍以上にも膨れ上がる
と言っても過言ではありません。

そんな2人の関係は、修輔が深夜のコンビにエッチな本を買いにいった帰り道に
BL本を買いに出ていた彼女と曲がり角でぶつかってしまい、
お互いの本を交換するハメになってしまったことからスタートしてしまうことになってしまうんです。

onisuki0307.jpg

「私のペットになってっ!!」

ナナナなんということでしょう!!!
修輔の大事な妹、そしてエロ本「熱写GUY」をネタに揺さぶりをかける近藤さん。
クラス委員長とは思えない「絶対服従のペットになれ」との命令に胸が熱くなります!!
そんな驚きの発言に対し、修輔の妄想も一気に膨らんでしまいます...

onisuki0303.jpg

スットキングで覆われている足裏+パンストの破壊力がヤバい!!
今巻で一番の破壊力といってもいいほど素晴らしいエロさです!
この描写は黒ストッキングの効果が最大限に発揮できていて最高すぎます!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

近藤さんのパンスト脅威が迫りくる中、我らが妹・奈央も黙ってはいません!!!
パンストに夢中になりかけている兄の変動にお兄ちゃん大好きっ子の奈央が気づかない訳がなく...

onisuki0304.jpg

さっそく自分も黒ストッキングを着用しその効果を実践!!
あえて黒パンストが覗くことができるミニスカートを履いているところや、
ガラス越しに移る兄の変態行動をしっかり確認している点にはさすがの一言。

onisuki0305.jpg

さらに奈央の勢いは止まりません。
いつまでたってもキスをしてこない兄に我慢の限界が来た奈央は
爆睡している修輔の部屋にこっそり潜入。

顔面にスポイトで水を垂らし、起きないことを確認。
いよいよ禁断のキスを奈央が!?と思っていたら...

onisuki0306.jpg

ペットボトルを兄の口に突っ込み、それをペロペロする妹にニヤニヤが止らない!!
”キスをしたいけど自分からは踏み込めない、しかしどうしてもその感覚を味わいたい”
と葛藤した後に編み出された方法なのではないかと思うと胸熱すぎます!!

兄の前では素直になれない妹、奈央
積極的なツインテ幼馴染、彩葉
黒パンスト変態娘、近藤繭佳


この3人と兄・修輔の四角関係はさらに熾烈な争いを見せる展開となるのか!?
はたまた修輔を巡る新たなキャラが登場してくるのか!?
近藤さんの登場でますます激しさを増した「お兄好き」から今後も目が離せません!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」4巻。世はまさに黒パンスト時代!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだから コミック 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-162.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 サボの手紙に記された”果たせなかった約束”と”守り抜いた約束”

   ▲  2010/06/15 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第588話 ”サボの海” の簡易感想になります。

onep58801.jpg

”麦わらの一味inワンダーランド”
今回の巻頭カラーは不思議の国に迷い込んだルフィ達。なんとも楽しそうですね。
ブルックはもちろんですが、ウソップもハット帽が似合ってますね~。
個人的にはナミの横に置いてるバッグがベリーマークっぽいのがツボです!

それでは本編の感想へ...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

「何よりも一番恐いのは・・・おれがこの国に飲まれて人間を変えられる事だ・・・!!!」
天竜人がやってくる式典当日。サボはたった一人、自由を求め海賊として海へ出ます。

しかし、その前に立ち塞がるは...
onep58802.jpg

あまりにも巨大、圧倒的な存在感を示す世界政府の船。
帆にもしっかりそのマークが刻まれています。
自由を求め飛び出した小鳥の前に立ち塞がる世界政府という名の巨大な壁。
丸で囲ったサボ船があまりに小さく非力な印象を受けるとともに、
この画から現在も続いている自由と支配の均衡が感じ取れるような気がします。

サボは波に飲み込まれぬよう、世界政府の船を横切ろうとしますが、
何の前触れもなく砲弾による攻撃を受けてしまいます。

onep58803.jpg

「下々民が私の艦の前を横切った!!!」
もちろん攻撃したのは天竜人。イヤな匂いがプンプンします。
そして必至に火を消すサボの元に止めの一発が放たれてしまいます・・・

onep58804.jpg

船はバラバラに崩壊・・・海賊としての象徴である海賊旗が破れ、
水面にはトレードマークである帽子が無常にも浮かぶ・・・


この悲惨な状況の中サボの生死は如何に?
以前、サボの登場時ルフィ、エースの発言からサボは死ぬのではないかという仮説を立てましたが、
ここにきてサボはまだ生きている可能性がでてきました。

ロジャー、エース、ベルメールさん、オルビア等数えればまだ何人かいますが
尾田先生は死にゆくキャラに対し”最後の言葉”を入れることで
しっかりそのキャラ、そして歩んだ人生に花を添えてきました。

なので重要なキャラであるサボが何の言葉も残さず死んでしまうとは思えないんですよね。

そのように考えると死んでいない確立が高いと言えるのですが、
では何故大きくなったルフィやエースと再会していなかったのか?
という疑問も生まれてきます。ルーキーであるルフィはまだしも、
白ひげ2番隊・隊長エースの存在は必ず耳に入ると思うんですよね。なので、
サボは生きていたがルフィやエースと同じように海賊としての道を歩まなかった。
再会していなかった理由としては革命軍に所属していたため会える機会がなかった

というのが一番しっくりくるような気がします。

もし生きているとしたら革命軍に助けられたロビンはサボに会っているかもしれませんし、
ルフィと再会する日もそう遠くないと思います!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

燃え盛るグレーターミナルの中、ブルージャムとの決闘に
勝利し帰還したエースとダダン。
「エース・・・おめェあの時なぜ逃げなかった・・・」
そう尋ねるダダンに対しエースはこう答えます。

onep588045.jpg

「俺の後ろにルフィがいた」
その言葉を聞き、ダダンは以前ガープが言っていたことを思い出します。

ロジャーは逃げずに立ち止まる
”逃げない”―背後に…愛する者がおるからじゃ
共に逃げれば仲間達も危険にさらす事になる正確に言うならば・・・
”逃げない”んではない・・・目の前の敵達が仲間を追わんように・・・”敵を逃がさない”


「その時のロジャーはまさに"鬼"」
エースが鬼の子と言われていたのはこのためだったのか!!
大切な人を命がけで守るという父・ロジャーの意志はしっかり受け継がれていたということですね。

そしてエースが帰ってきたから数日後・・・
”サボは一人で海へ出て・・・死んでしまった”
戻ってきたドグラから語られる衝撃的な事実にルフィ、エース、ダダンは耳を疑います。

onep58805.jpg

”時代を変えられるような男になってみろ!!”
生き急ぐエースを鼓舞するダダンの重たい言葉。
「死んで明日にゃ忘れられる!!それくらいの人間だお前はまだ!」
ダダン、この時はまだまだ未熟だったかもしれない・・・
だけどエースは死んでも忘れられない人間になったんですよー!!(泣)
ダダンの言葉に胸だけでなく目頭も熱くなってしまいます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そして今回、重要となってくるのがサボの手紙なんです!!

onep58806.jpg

差出人であるサボの名前の下にSに×をつけたマークがあります。
これはサボが海賊旗にしるしたものとほぼ同じ。

onep58807.jpg

各所で話に上がっているエースの刺青にも同じS×マークがあるという話。
エース初登場時では単純に名前を書き間違えただけかと思っていましたが、
実は海賊として海へ出ることができなくなってしまったサボの思いを
腕に込めていたということになってきそうです。その心意気に感動せざるを得ない!

そして最も注目してもらいたいのがその手紙の内容なんです。

        ・
        ・
        ・
エース ルフィ
火事でケガをしてないか?心配だけど無事だと信じてる
お前達には悪いけど2人が手紙を読む頃は
おれはもう 海の上にいる―

色々あって一足先に出航する事にした
行き先は…この国じゃないどこかだ…
そこでおれは強くなって海賊になる

誰よりも自由な海賊になって
また兄弟3人どこかで会おう
広くて自由な海のどこかでいつか必ず!!


それからエース おれとお前はどっちが兄貴かな
長男2人 弟1人 変だけどこの絆は俺の宝だ
ルフィの奴はまだまだ弱くて泣き虫だけど

おれ達の弟だ よろしく頼む
        ・
        ・
        ・


onep58808.jpg

兄の威厳を守るため、ルフィの前で決して泣かなかったエース・・・
手紙を読み終わり、サボを失ってしまったという事実が胸を打ち、涙が溢れ出ます。
そんなエースの泣き顔を見ていると読んでるこっちも目から汗が出てきてしまいます(泣)


さて、この手紙の内容の中で ある2つの約束が出てきました。
一つは誰よりも自由な海賊になり、また3人で再会しようということ。
自由な海賊になるという誓いはルフィ、エース共に果たしましたが
エースが死んでしまった今、3人で再会する約束は果たせないものとなってしまいました・・・

そしてもう一つの約束は弟のルフィをよろしく頼むということ。
これはエースとサボ2人の約束なります。エースはマリンフォードの戦争において、
自分の命に代えてまでもこの約束をしっかりと果たしています。
しかしエース亡き今、この約束は無効になってしまったのではないか?そう思ってしまいますが...

onep58809.jpg

「コイツにゃ手ェ焼くだろうが よろしく頼むよ・・・」

その想い(約束)はルフィの仲間達へしっかりと受け継がれ、守り抜かれているのです。
もうエース、サボの兄弟愛に目から汗が止まらない!!!
それがしっかり仲間達に受け継がれていることにも感動せずにはいられません(泣)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

【余談】
今回は珍しく長めな記事になってしまいました...(汗
最後まで読んでくださり本当にありがとうございますm(_)m
ワンピースは来週休載ということですが、今後の展開に期待しつつ再来週を待ちたいですね!!
____________________________________________

【関連記事】
第586+587話 サボとドラゴン。自由を求め奮起する男達!!
第585話 ”兄弟杯”自由を求める3人に訪れた悲劇・・・
第584話 ルフィを救え!!見出した価値、そして漂う不吉な予感・・・
第583話 サボの登場で見えてきたエース、ルフィとの関係性!
第582話 遂にルフィが復活ッ!!・・・しかし待っていたのは怒り、そして悲しみ・・・

【関連リンク】
ワンピース 第588話 サボの海と兄弟が流す涙
 (モヤモヤぶろ~ぐ2 さん)
『ワンピース』それは早すぎる別れ・・・託された想い、少年よ泣いた分だけ強くなれ!!
 (キャまの本屋 さん)

この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 週間少年ジャンプ 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-164.html

Comment (2) | TB (1) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 サボとドラゴン。自由を求め奮起する男達!!

   ▲  2010/06/13 (日)  ONE PIECE
ONE PIECE 第586話+第587話 の簡易感想になります。

onep58700.jpg

”電々虫に水をやるドラゴン&イワさんが今回の扉絵。”
ドラゴンにいたってはその姿が全然似合ってないーッ!!とツッコまざるを得ない(笑)
水を与えられ喜ぶ電々虫達・・・
これは革命軍が世界に自由を与え、笑顔を作っていく事とかけているんでしょうか?
ドラゴンとイワさんの革命軍コンビが今後どのようなアクションを起こしていくのか楽しみですね。

さて今回はサボとドラゴンこの2人にしぼった感想となります。
それでは本編へ...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

まずは前回の内容から。
父によって実家に戻されてしまったサボでしたが、
そこで何ともショッキングな話を耳にします。

onep58602.jpg

それはグレイターミナルに火をつけ、
全てを燃やし尽くしてしまうというなんとも恐ろしい話。
この国の汚点は全部燃やす。
貴族にとってグレイターミナルに住む人々はゴミ同然。
そんな貴族の想いに対しサボ怒りが爆発します。

「この家事の犯人は”王族”と”貴族”なんだ・・・!!!
この町はゴミ山よりもイヤな匂いがする・・・!!!
人間の腐ったイヤな匂いがする。・・・
ここにいても・・・おれは自由になれない・・・!!!」


onep58601.jpg

「おれは貴族に生まれて恥ずかしい。」
サボの怒りと悲しみがいりまじったこの言葉。
それを聞いてしまった人物がなんとドラゴンだったのです

「とうとう子供にコレを言わせるのか・・・!!!」
自分も感じていたこの国、この世界の腐った状況。
それを遂に子供までもが思っていたことに驚愕するドラゴン。

そして今回は、この2人が自由を求め奮起するのです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

前回明かされた王族達の計画により、グレイターミナルは火の海となります。
熱さと絶望的な状況に泣き叫ぶ人々達・・・その前にドラゴンが現れ救いの手を差し出します。

「この国こそ世界の未来の縮図だ・・・
いらぬ物を淘汰した世界に幸せなど待ってはいない・・・!!」


onep58703.jpg

「自由の為 共に戦う意志のある者はこの船に乗れ!!!」
ゴア王国のような世界にならぬよう革命軍のリーダーとして、
自由を求め共に戦おうと奮起するドラゴン。

一方、
onep58704.jpg

「自由って何なんだ?どこにあるのかな」
ここにいても自由はない・・・
自由を求めようとサボが起こした行動は...

onep58705.jpg

ルフィ・エースと語り合った海賊として海に出て、自由を追い求めること。
それを遂に実行してしまいます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

自由を求め行動を起こした2人の男達。
しかし、その行動・想いは違っていたのです。

ドラゴンが求める自由とは
”支配を打ち破ることで得られる自由”であり
一方、サボが思う自由とは
”海へ出て広い世界を巡ることで、自由の答えが見つかる”というもの。
サボのこの想いは海賊王ロジャーやシャンクス、そしてルフィと通じている点であると言えます。

自由を求め、現段階でその答えを出すためには世界政府という支配が障害となってしまいます。
だったらその障害を壊してしまおうとするのがドラゴンを含めた革命軍のやり方であり、
そんな障害がある中でも答えを求め、突き進もうとするのがサボやルフィのやり方という事になります。

onep585002.jpg

「それがお前のやり方ならな」
以前ドラゴンがローグタウンにてルフィに向けて放った言葉。
ここでいうそれとは上記に書いた海賊として自由の答えを求めていくに当てはまります。
異なる2つの自由の求め方。
その行く末がどのような結果になるのか、今後のルフィ&ドラゴン親子に期待したいです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そして話は戻どりますが、気になるのは海賊として海へ出たサボが今後どうなるのかという事。
その出航に天竜人が関わってくるというのがどうも不安になってしまうんですよね・・・

onep58603.jpg

自由を求め、鳥かごから飛び出した1羽の小鳥・・・
その運命はどうなってしまうのでしょうか。次回も楽しみでなりません。
____________________________________________

【関連記事】
第585話 ”兄弟杯”自由を求める3人に訪れた悲劇・・・
第584話 ルフィを救え!!見出した価値、そして漂う不吉な予感・・・
第583話 サボの登場で見えてきたエース、ルフィとの関係性!
第582話 遂にルフィが復活ッ!!・・・しかし待っていたのは怒り、そして悲しみ・・・
第581話 荒れ始める海・・・新たな時代はどこへ向かうのか?

この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 週間少年ジャンプ 感想 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-163.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。