もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 ( ← 2010年11月 → )

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「はじめてのあく」 7巻。デレたキョーコにニヤニヤが止まらない

   ▲  2010/11/29 (月)  はじめてのあく
はじめてのあく 7 (少年サンデーコミックス)

「はじめてのあく」7巻が発売されました。(遅ればせながらレビューをば...)
今巻の大まかな内容としては、ジロー達が高校2年生になったり、
女の子の可愛さもますますアップしたり、変態クラスメイトが過激に暴走したり、
ジローに弟ができちゃったりと、いつも以上ににぎやかな感じ。
その中でも乙型メインの話にほっこり、デレたキョーコにニヤリングが止まりませんでした!
_ _ _ _ _ _ _ _

hajiaku07-06.jpg

”ジロー様・・・皆さん・・・! ありがとうございます・・・!”

乙型ちゃんマジ天使!
第68話「ロボとプール」で初めて水の中に入ることができた時の笑顔が素晴らしすぎます。
さらにじんわりと目から涙がこぼれた日には心がキュンとならずにはいられません。
で、この後はお約束通り!?シズカとジロー争奪戦をする訳ですが、
このやり取りはずっと見続けていられるくらい可愛すぎる。
水の中で自由に動けない乙型をよそに、ジローに猛烈アピールするシズカ。
そんな2人に嫉妬してしまう乙型という方程式に思わずニヤけてしまいます!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

hajiaku07-03.jpg

黒髪ロングなキョーコの破壊力がヤバい!
”けいどろ”でどろぼう側になったキョーコは、ファンクラブの面々も気づけないほど
完璧な変装します。そんなキョーコでしたがジローの目だけは誤魔化せませんでした。
好きな人に気づいてもらえた嬉しさが伝わってくる笑顔が眩しいかぎり!
今巻はキョーコの心情が豊かに描かれていたのが印象的でした。

hajiaku07-07.jpg

「やっぱりこいつは 他に帰る場所があるヤツなんだよね」

「あと一年か・・・」
ジローがあと1年しか学校にいられない事実を知って悲しむキョーコ。
行かないでという気持ちを口に出さず、グッと押し殺す...
あえて目を描写しないことで悲しみがより強く伝わってきます。

hajiaku07-05.jpg

うん。
やっぱりキョーコの赤面に勝るもの無し!
当たり前のことです、が悲しい表情を見たあとだからこそ、その思いが強くなってしまう。

hajiaku07-04.jpg

”ついに・・・落ちた!?”

キョーコを思うジローの抱きつきと言葉に、抵抗するのを止めてしまうキョーコ。
もう赤面してデレるキョーコの破壊力が凄まじ過ぎてニヤリングが止まりません。
話数を重ねれば重ねるほどキョーコのジローに対する気持ちが増していき、
表情や仕草、その一つ一つの変化に魅せられてしまうんですよね。

今回はキョーコ中心で感想を書きましたが、
サブキャラ達の可愛さ&面白さも安定した輝きを放っていました。
特に緑谷の妹”花子”には今後も期待していきたいところです!ノシ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : はじめてのあく 藤木俊 キョーコ 乙型 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-202.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「Kiss×sis」 7巻。あこにゃんペロペロがとてつもない破壊力だった

   ▲  2010/11/23 (火)  kiss×sis
Kiss×sis(7) (KCデラックス)

「Kiss×sis」 7巻が発売になりました!
前巻では、策士で後輩な三日月とおもらしっ娘として輝きを放った三国の活躍により、
あこ・りこ姉妹はほとんど見せ場がありませんでした。
しかし、今巻ではそのうっ憤を晴らすかのようなお姉ちゃんズの大逆襲っぷりに
色々な部分が熱くならざるを得ない内容となっております!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

お姉ちゃん達を意識しすぎるがあまり、圭太は姉との間に予防線をはる決意をします。
そんな圭太の異変をすばやく察知したりこ姉は...

kisssis07-06.jpg

「全部バレバレ。圭太が取り繕ってることも、
お姉ちゃんがほしくてほしくてたまらないのに我慢していることも・・・」


「ほら・・・このキラキラネバネバ糸引いてるのは
お姉ちゃんのだけじゃないでしょ?」


なんと”弟の股間に自分のアソコを擦り合わせてオ○ニー”という最上級の難技をしかけます。
もちろんこの技は攻撃に定評のあるりこ姉だから成せる奥義だとも言えます。
こんな攻撃をされてしまったら姉との予防線を張っていた圭太も折れるほかありません。
まぁ元気な下半身だけは決して折れなかったと思いますが(笑)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

そして今巻の主役は何と言ってもあこ姉です。
「Kiss×sis」 7巻を一言で表すならば...アコにゃんペロペロ(^ω^)
と言わずにはいられないほど、あこ姉の破壊力は凄まじいものでした!!

kisssis07-02.jpg

「塩分補給 好きなだけ舐めていいよ」
夏休みの宿題中、圭太が「塩分を補給しないと頭の働きが悪くなるんだろ?」と
糖分なのに塩分と間違ってしまったことからペロリング合戦が始まります!

kisssis07-03.jpg

圭太は躊躇なく一番汗をかいているであろう脇の下をペロペロ(^ω^)...
首やおへそ、背中や膝裏には目もくれず脇の下を攻撃する圭太に感服!
完全に(変態という名の)紳士です。
ペロリング中に宅配便の邪魔が入ってしまいますが、お風呂に入って2回戦目に突入。
しかし、ここで圭太にある異変が起きます...

kisssis07-04.jpg

「違う こんなのあこ姉の味じゃない!」
な、なんと少し舐めただけなのに味をききわけてしまったーッ!!
これには『ジョジョの奇妙な冒険』のブチャラティもビックリです。
なんでも圭太いわく、「風呂に入った後だから石鹸の味しかしない」と。お、恐れ入りました...
今年のペロリスト賞は”住之江 圭太”、アマガミの主人公”橘 純一”の一騎打ちとなる予感。

その後、”石鹸の味”という防御壁を破壊するかのごとく舐めまわす圭太に...

kisssis07-05.jpg

あこ姉、ほぼイキかけ状態に!!
脇を見てみると、あこ姉の汗というより圭太の唾液でビッショリになっています。
いつもはお姉ちゃんズに攻められる圭太ですが、今回は凄まじい勇姿を見せ付けてくれました。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

kisssis07-07.jpg

次巻はお姉ちゃんズ、三国と桐生先生、三日月との合同旅行回になるようです。
この面子なら必ずとんでもない何かが起きるだろうと胸が高鳴らずにはいられません!
あと、今回もOVAのデキが素晴らしい内容だったのでそっちにも期待大ですね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「Kiss×sis」 6巻感想。あこ・りこ姉妹を脅かす三国美春のエロエロ猛威!
「Kiss×sis」 タピオカ・キッスと聖なるシャワー(13巻感想)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

Kiss×sis(7) (KCデラックス)
ぢたま 某
講談社 (2010-11-22)

この記事に含まれるタグ : Kiss×sis あこ りこ 圭太 ペロペロ(^ω^) 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-201.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 愛くるしいアイツが約10年ぶりに再登場!

   ▲  2010/11/15 (月)  ONE PIECE
ONE PIECE 第604話 ”深層へ”より

onep604-04.jpg

元アーロン一味 戦闘員”海牛モーム”とまさかの再会!!
約10年振りでしょうか。モームが再登場するとは思ってなかったので正直驚きました!
確かに前回の最後を良く見てみると、モームが船を引っ張っています。

onep604-03.jpg
    船を引っ張るモームの影

以前ヨサクは「こりゃ”グランドライン”の生物っスよ!!!」と言っていたので、
アーロンパークでの戦いの後、何とか故郷の海に帰っていたということでしょうか。
2年前にルフィ達をココヤシ村まで案内したといい、一応元戦闘員のモームですが
いつの間にか案内係が板についてしまっています。

onep604-10.jpg  onep604-11.jpg
 (猛烈な勢いで逃げるモーム)    (2年前:そーっと逃げるモーム)

臆病で弱腰な性格は相変わらず...
ルフィとサンジを見て一目散に逃げ出すモームの愛くるしさは異常!
2年前より勢いのいい逃げ方だったのが個人的にツボでした。
モームの再登場があったので、もしかしたらアーロン一味の面々も
これから先出てくるかもしれないですね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep604-05.jpg

”うおっ!!!ロロノア・ゾロ!!”
今回気になった点がゾロに対するカリブーの反応。
一味全員ではなくゾロだけにビビっていたのが少し引っかかりますね。
ゾロはカリブーを知らないようだったので、過去に因縁があったわけではなさそう。
再会する少し前にゾロが新聞に載るような大きな事をしでかした可能性が高いと思われます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep604-06.jpg

ルフィ「昔よく遊んだよな…"エンブンノード"で」
ゾロ「俺はいつか欲しいと思っている…"炎分ソード"」
ナミ「そっちいなさい!!!」

塩分濃度から炎分ソードに切り替わってしまうゾロのボケとナミのツッコミが絶妙すぎる!
その後ルフィがゾロに「ゾロ、お前はどこまで飛ばされたんだ?」
とさらっと聞いていたところに船長らしさを感じざるを得ません。
片隅で語り合う2人の後姿がなんとも印象的なひとコマでした。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

onep604-07.jpg

怪物ダコ”クラーケン”との遭遇!!サニー号と比べてみてもかなり大きい海の悪魔
「いい事考えたんだおれ!あいつをてなずけよう!!!」
泡吹いちゃってるチョッパーをよそに、笑顔で話すルフィには秘策がありそうです。

onep604-08.jpg

修行時にルスカイナ島の獣達を従えたルフィなら問題なくてなずけられるでしょう。
海での戦闘はできないので、”覇王色の覇気”で威嚇するのか気になるところ。
そして次回あたりは、クラーケンに案内してもらって魚人島到着まで行きそうな予感!
ですが来週は休載なんですよね...てなわけで再来週に期待しましょう!ノシ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 受け継がれる”意志”と”麦わら帽子”
「ONE PIECE」 一味解散から2年、ルフィ達の航海再開!
「ONE PIECE」 あれから2年...成長を遂げた”麦わらの一味”の三銃士
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


この記事に含まれるタグ : ワンピース 尾田栄一郎 モーム ルフィ ゾロ 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-200.html

Comment (4) | TB (1) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。