もの日々ONE PIECE,ヒロアカ,ラブコメなど気になる漫画の感想や考察をつらつら書いてます! 

このページの記事目次 ( ← 2014年04月 → )

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ▲  --/--/-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 新たなる策略を仕掛けたドフラミンゴの過ち

   ▲  2014/04/28 (月)  ONE PIECE
ONE PIECE 第745話 ”鳥カゴ”より

ONE_PIECE-745_koara-robin.jpg

久しぶりに再会したロビンに対し、妹のように無邪気に抱きつくコアラ。
ああ、このコアラちゃんのくったくのない笑顔には目頭が熱くならざるを得ない!!
何でって言われたら、コアラは決して心をさらけ出して笑わない少女だったからである。


ONE_PIECE-745_06.jpg
『不自然な作り笑い』

かつて天竜人の奴隷だったコアラは常にニコニコ作り笑いを浮かべている少女でした。
例えその笑みが気味悪るがられ殴られたとしても決して泣くことをせず、
作り笑いをやめることはありませんでした。
そんな彼女は”タイヨウの海賊団”と出会い、感情を表に出せる様になりました。

一方でコアラが革命軍の一員として再登場した時は落ち着いた女性に成長したなと思う半面、
革命軍というイメージからか笑顔を見せることはあまりないのかもと思っていまいた。
が、ロビンに甘える姿を見てようやく安心できました。良かった、本当に良かった...(泣)
一瞬でもコアラの様にロビンに抱きつきたいと思ってしまった自分はバスターコールの刑ですね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ドフラミンゴが生きていた理由
ONE_PIECE-745_02.jpg

ヴァイオレット 「糸でできた”操り人形”の様ね!あんな技初めて見た」
ドフラミンゴは操り人形を別に作り生きていたとな...
前の記事で書いた予想は見事に外れる結果になりました。
操り人形の可能性もあるだろうとは思っていたんですが、そっちで来たかという印象です。
言い訳っぽく聞こえるかも知れませんが、この件にはちょっと納得できてない部分があります。
だって操り人形の生首が喋るのっておかしくないですか?


ONE PIECE 744_05
『首だけの操り人形から声出てる』

糸で自分の分身を作るのは分かる。それを操り自由自在に動かせるのも分かる。
けど口を動かせてもどうして操り人形から声が出てるの?って思っちゃうんですよね。
一体どうやって本体とリンクして声が出てるんでしょうか・・・
電伝虫が顔に入ってるわけではないでしょうし、かといって操り人形に自我があるとも思えません。
寄生糸(パラサイト)でも意図的な言葉を言わせることはできなかったはず。うーん、謎です...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

新たな策略
ONE_PIECE-745_04.jpg
『島を覆う糸』

「今この島にいる奴らを皆殺しにするつもりだ!!」

さて、今回は745話のタイトル通り”鳥カゴ”が発動されたました。
”鳥カゴ”で島から出られなくしただけではなく、電伝虫との通信を遮断し、
さらに寄生糸(パラサイト)で人々を操るドフラミンゴ。
それだけに止まらず、ドフラミンゴは新たな行動にでました。


ONE_PIECE-745_05.jpg
『サバイバルゲームの幕開け』

それは”鳥カゴ”を終わらせるゲームの提案。
王宮にいるドフラミンゴ自身を殺すか、ドフラミンゴが名前を挙げる人物を全員殺すかというもの。
また名前を挙げた人物の身柄一つ一つに懸賞金を支払うとの事なのですが...
この提案、何と言うか自分で自分の首絞めてませんか若様…悪のカリスマとは何だったのか…

寄生糸(パラサイト)で人々を操れるドフラミンゴですが、今回ではっきりした事が分かりました。
”鳥カゴ”でも使っていた寄生糸(パラサイト)、これは強者には通用しない技のようです。
何故そのように思ったかというと、まず全員を操れていたらゲームの提案なんてせずに
簡単に皆殺しをしているはずなんですよね。
それができないから操れない者に懸賞金を懸けると宣言し、
助かる方法はその人物の首を取る他ないと人々を煽ったのでしょう。


ONE_PIECE-745_09.jpg  ONE_PIECE-745_08.jpg
『左:海軍中将”モザンビア”』 『右:白ひげ海賊団隊長”アトモス”』

しかし、以前ドフラミンゴは強者を操っていた事がありました。
それはクロコダイルの後釜を考える会議前の場面での海軍本部中将”モザンビア”、
頂上戦争の時の白ひげ海賊団13番隊隊長”アトモス”の2人です。
が、これはどちらもドフラミンゴが強者のそばにいる場合で操れているのは1人だけ。
恐らく寄生糸は操る人数が多く、距離が離れているほどその拘束力は弱くなるのでは?
上記の2人に使った技に関してはまた違う技だった場合も考えられますが、
どちらにしてもチートに思えた能力にも限界があるようです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ドフラミンゴが気づいていない過ち

また、ゲームを提案したドフラミンゴは致命的な過ちに気づいていない可能性があります。
それは大きく分けて二つ。


一つはオモチャ化の呪いをウソップに解いてもらった海賊達はルフィ側であるということ。
5億の懸賞金であるチンジャオはオモチャになる前から孫達を傘下にすると言ってたし、
あのキャベンディッシュでさえ助けてくれたらもう命は狙わないと心の中で誓っていたため、
殺し合いをするくらいなら一致団結してドフラミンゴの所へ向かうんじゃないのかなと。

今回見る限り、懸賞金目当てで釣れていたのはダガマだけでしたし、
あと考えられるのは賞金稼ぎの”追い剥ぎのジャン”ぐらいでしょう。
まあこの2人が寝返った所で痛くもかゆくもないので問題なし。


ONE_PIECE-745_11.jpg
『あんたは・・・その後でいい・・・』

そしてもう一つは、海軍大将”藤虎”がこの事態に黙っていないだろうという事。
一応ドフラミンゴ側につき様子を窺っていた藤虎でしたが、
今回の件で狙いはルフィ達を抑えることからドフラミンゴの暴挙を止める事に変更するでしょう。


ONE_PIECE-745_10.jpg

市民の被害を最小限に抑える為にルフィ達を止めるのがあっしの”正義”と語っていた”藤虎”。
そんな藤虎なら現在起きている市民達の悲劇の源であるドフラミンゴに矛先を変えるはず!
藤虎が操作されてる人達に対し、どういった手段をとるかはまだ分かりませんが、
ここはいっちょ隕石を王宮目掛けて落として鳥カゴごと壊しちゃってほしいですね。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

最後にあと一つだけ、意外とこの”鳥カゴ”からの窮地を救う人物はゾロなのかもしれません。

ONE_PIECE-745_07.jpg
『迷える男』

”鳥カゴ”とピーカの能力が発動する前、王の台地外壁塔近くに居るゾロ。
いつも通り道に迷ってしまったわけなのですが、
ゾロだけピーカの能力によって落とされていない可能性があるのです。


ONE_PIECE-745_03.jpg
『確認できるのは5人だけ』

ピーカによって落とされたのはルフィ、ロー、キュロス、リク王、ヴァイオレットの5人。
上記の絵には5人の姿しか描かれておらず、ゾロだけ落とされていないんですよね。
”藤虎”も落とされていないのですが、何故だか混乱に陥ってる街中にいました。
現在どこにいるのか分からないゾロは、もしかしてせり上がった王宮付近に居るのでは?
ゾロがドフラミンゴの首を取るのはストーリー上ないのかなと思うので、
斬撃で”鳥カゴを破壊するか、ピーカを倒し宮殿の高さを元に戻す役割になりそうな予感!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[余談]
少し長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!
今回収録されていた話は合併号なので来週はまたお休み。
休み→掲載→休みというワンピ読者にとってはつらい流れ・・・
来週の月曜日はゴールデンウィーク真っ只中ですが、
一応「もの日々」はワンピ記事更新予定です。ではまた!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 勇敢なる海の戦士”キャプテン・ウソップ”と巨人族、小人族
「ONE PIECE」 遂に”あの男”の正体が判明!これは燃え尽きるほどヒート!!
「ONE PIECE」 その時、ドレスローザに激震が走る...!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 74 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2014-06-04)

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : ワンピース 週間少年ジャンプ ドレスローザ ドフラミンゴ ゾロ 藤虎 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-249.html

Comment (7) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「一週間フレンズ。」 何度も、何度でも僕らは”トモダチ”になる

   ▲  2014/04/26 (土)  コミックス
一週間フレンズ。(1) (ガンガンコミックスJOKER)

「長谷くんとの記憶は全部消えちゃうってこと」

「一週間フレンズ。」単行本第1~5巻大好評発売中&アニメ絶賛放映中!
いやー、アニメ 「一週間フレンズ。」 面白いですねー。
毎回視聴する度に切なさに胸が閉めつけられ、
さらに時折見せる藤宮さんの明るい笑顔にもう心を鷲掴みにされてしまいました。

で、かく言う私はアニメをきっかけに原作であるコミックを購入した新参者です。
今アニメを第3話まで視聴したわけですが、
ちょうど単行本1巻の内容まで(第3話「友達の友達」 )であったため
この記事ではアニメでは描かれていない部分や、ちょっとした変更点などを書きつつ、
単行本 「一週間フレンズ。」の魅力を紹介していけたらと思います。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


oneweekfriends_01-03.jpg

「私ね、楽しかった記憶月曜日には消えちゃうの」

まず、「一週間フレンズ。」とは
「1週間で友達との記憶を失くしてしまう」ため付き合いをしたがらない女の子”藤宮 香織”と、
そんな彼女とトモダチになりたいと思っている”長谷 祐樹”との淡く切ない関係を描いた作品です。

「一週間フレンズ。」をアニメから入った身として原作であるコミックを読んだ時、
『同じ場面でもこうも与える印象が変わってくるのか』と思いました。もちろん良い意味で。
アニメ・漫画両方ともそれぞれの良さがありどちらも大好きなのですが、
でも何というか漫画を読んでいるとき、同じシーンでも
アニメ視聴時にはなかったクスッと笑えてしまう事がけっこうあったんです!


oneweekfriends_01-02.jpg

長谷くんが藤宮さんに初めて「友達になってください」と伝えたこの場面。
アニメでは切なく思えた場面でしたが、漫画では少しコメディチックに描かれています。
この1ページだけではなく、話の半分は4コマで構成さえていて、
それがアニメと同じ場面でも違う印象を与える要因になっているのではないかなと。
そして、もう半分を一般的な漫画のコマ割りで描く事でうまく笑いと切なさのメリハリをつけていると感じました。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

また漫画を読んでみると、アニメでは描かれていなかった場面などがあり、
そこを知っているといないとでは話の見え方が少し変わってくるなーとも思いました...


oneweekfriends_01-04.jpg

「今日長谷くんのお弁当作ってきたの」

アニメ3話は藤宮さんが卵焼き作りに挑戦している所から始まるのですが、
実はその前に藤宮さんは一度長谷くんにお弁当を作っていたのです。
その時、お弁当に入っていた卵焼きを食べた長谷くんが「俺これ好きなんだー」
と言ったことが発端となり、藤宮さんは卵焼き作りに挑戦したというわけだったのです。


oneweekfriends_01-05.jpg

でも藤宮さんが最初に作ってきた卵焼きは醤油味で、長谷くんは甘い卵焼き派でした。
これが藤宮さんが料理を作っていた記憶を取り戻すきかっけとなった”18”gの砂糖入り卵焼きの
アニメでは描かれていなかった誕生秘話。
上記の絵は4コマの最後の2コマなのですが、コメディ色がやや強い4コマの中に重要なポイントが
さらっと描かれているのもこの漫画の特徴的な点の一つであると言えそうです。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

oneweekfriends_01-06.jpg

「私にだって友達いるんだから!」

藤宮さんが影で悪口を言っていたクラスメイトに一言告げる場面。
アニメ第3話だと「私にとってこのノートはとても大切なものなんです」と冷静に言うのですが、
漫画では声を大にして度ストレートに思いを告げる藤宮さんが描かれています。
この場面に関しては可愛さで言えばコミックの藤宮さん、クールなのはアニメの藤宮さんですが、
結局のところどっちも素敵であるという結論にいたります。藤宮さんマジ天使!!

その他、おそろいのシャープペンや将吾の藤宮さんに対する接し方など、
アニメにはない細かい点がいくつか描かれていたりするので、
「一週間フレンズ。」の単行本を未読な方は是非読んでみる事をオススメします。
(何とカバー裏表紙には藤宮さんのセーラー服姿が!!要チェクや!!)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

[余談]
以上、「一週間フレンズ。」の単行本1巻をアニメ3話までと比較しながら紹介した記事でした。
「一週間フレンズ。」 についてはまたレビューしたいなと思っているのですが、
私の場合アニメの展開が気になっているため、単行本に関してはまだ1巻しか読んでおらず、
それ以降の内容はまったく知らない状態です・・・
漫画とアニメだと話の順序が微妙に違っていたりするので
次の感想はアニメ終了後、第6巻の感想あたりになるかもしれません...
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

一週間フレンズ。(1) (ガンガンコミックスJOKER)
葉月 抹茶
スクウェア・エニックス (2012-06-22)

この記事に含まれるタグ : 一週間フレンズ。 葉月抹茶 感想 藤宮さん 長谷くん 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-247.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加

「ONE PIECE」 勇敢なる海の戦士”キャプテン・ウソップ”と巨人族、小人族

   ▲  2014/04/22 (火)  ONE PIECE
ONE PIECE 第744話 ”革命軍参謀総長”より
今回は前回の記事で触れなかったウソップの事について書いていこうと思います...

ONE PIECE 744_09

「この男こそ!!おれ達の呪いを解いてくた英雄!!その名も!!」
「キャプテン・ウソップだァ~~~!!!」

歓喜の雄叫びとともにハイルディンに掲げられたウソップ。
ホビホビの呪いから人々を救い、英雄となっただけに止まらず、
その神々しさから”ゴッド・ウソップ”とまで言われるまでに・・・
最弱の海の小さな村出身の男が生きる伝説となった瞬間を、我々は目撃したのである!!

で、この場面で何が嬉しかったかと言うと、
巨人族のハイルディンが先陣を切ってウソップを称えてくれたことなんですよ!
だって、ウソップにとって巨人族の戦士は憧れの存在であったわけで、
そのハイルディンが声を大にしてウソップを称えた姿に心を打たれてしまいました。


ONE PIECE 744_11
『数センチ受け違えたら一発即死だった場面』

2年前、”リトルガーデン”にてウソップが初めて目の当たりにした巨大な男達の”誇り高き決闘”。
その決闘は心の師匠”ブロギー”とその好敵手”ドリー”の戦いの迫力だけでなく、
戦士としての信念の大きさに感銘を受けた出来事でした。


ONE PIECE 744_12

「まさにこれなんだ!!おれの目指す”勇敢なる海の戦士”ってのは!!」
「おれはこうゆう誇り高い男になりてェ!!」


”勇敢なる海の戦士”
それはウソップがローグタウンを出発しグランドラインに入る前、
嵐の中行った進水式で掲げていた夢であり、憧れである。


ONE PIECE 744_10

「おれの名は勇敢なる海の戦士!!キャプテ~~~ン・ウソップ!!!」

ナミの故郷”ココヤシ村”で、村人がピンチなった時に現れたウソップが叫んだ一言。
この時は”勇敢なる海の戦士”であるとウソをついていたわけですが、
憧れ目指していた”エルバフの戦士”でもあるハイルディンに称えられた今、
ウソップは”勇敢なる海の戦士”に一歩近づいたと言ってもいいのではないだろうか!?
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ウソップ自身”勇敢なる海の戦士”はエルバフの戦士のように誇り高き男であると言っていますが、
戦士としての誇りというものの定義は広くて難しいですよね。
個人的にウソップは少なからず戦士としての誇りを持っていると思ってます!


「たたとえ・・・死ぬ程・・・!!!おっけねェ敵でもよ・・!!」
「たとえ・・・とうてい・・・勝ち目のねェ相手だろうともよ・・・!!!」
「男にゃあ!!! どうしても・・・戦いを避けちゃならねェ時がある・・・!!!」


ONE PIECE 744_13

「仲間の夢を笑われた時だ!!!!」

その誇りとは”仲間”のために戦うということ。
ドリーやブロギーが持つ戦士としての誇りとは少し違うかもしれませんが、
ウソップの仲間の為に戦うという思いは、勇敢な戦士に必要な誇りであると思うのです。


ONE PIECE 744_14
『2年後、成長したウソップ』

「弱小トリオは卒業だ!!何が起きても動じねェ!!そんな戦士におれはなったのさ!!」
さらに、2年間の修行をしたウソップが語ってくれた一言で、
遂に一人前の戦士になった男の勇姿が見れるのではないか!!
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました...


onepece741_00.jpg
『見事なまでのヘタレ』

この逃げっぷりを見た時は、上記の格好良かったウソップはどこへやらと正直思いました。
2年間修行して、弱小トリオは卒業、何が起きても動じないと言ってたのに...
そう、英雄になる前のウソップは仲間の為にはどんなに強い敵にでも向かっていくが、
赤の他人の事に関してはどうでもいい男だったのです。


onepece741_03.jpg

だがしかし、小人であるトンタッタ族の悲痛な叫びに聞き、
死ぬほど怖いドンンキホーテ・ファミリーの幹部に立ち向かったのである。
この時、もちろんオモチャになってしまったロビンの事は記憶にないので、
正真正銘、仲間ではない他人の為に命を懸けたわけです。

幹部達との戦いに敗れはしたものの、結果的にはSOP作戦を成功させたウソップ。
人々を呪縛から救ったという結果もあるけれど、
勝ち目のない強敵に立ち向かっていった勇姿をハイルディンは称えたのではないかなと。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

ONE PIECE 744_15

また、小人であるトンタッタ族にしてみればウソップは大人間、
つまりは巨人としてその目に映っていたわけです。
かつてドリーとブロギーの様な巨大な戦士に憧れていたウソップが
今回の件で逆に小人族に憧れられる大きな英雄となってしまうとは・・・

タタババスコを食べ、おったまげ顔となった男を人は笑うだろうが結構じゃねェか!!
それでこそ!!”ロマン”だ!!!!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

<関連記事>
「ONE PIECE」 伝説のヒーローは”嘘つきな英雄”
「ONE PIECE」 遂に”あの男”の正体が判明!これは燃え尽きるほどヒート!!
「ONE PIECE」 その時、ドレスローザに激震が走る...!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


この記事に含まれるタグ : ワンピース 週間少年ジャンプ ドレスローザ ウソップ ハイルディン 小人族 

(記事編集) http://monohibi.blog83.fc2.com/blog-entry-246.html

Comment (0) | TB (0) | HOME | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。